小室圭さんにどこかの子供のいない宮家の養子になってもらう案はありませんか?

日本史 | 話題の人物246閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

8

8人がナイス!しています

その他の回答(9件)

1

小室圭さんは自己中心的で自分勝手な性格なので どの家も養子として迎え入れるのは 難しいでしょう。 みて ↓ 「なんだよそれ!」一転して"解決金"を払うという小室圭は もう信用できない 4/14(水) 15:16配信 プレジデントオンライン (中略) ■法廷で被告を追い詰めるようないい方である 最後に小室圭は、「この文書は私と母の一方的な言い分を記したものだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。それでも、色々な事情があったのだということを理解してくださる方が1人でもいらっしゃいましたら幸いです」と結んだ。 眞子さんも「文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」というコメントを発表し、秋篠宮夫妻も「問題を解決するために行ってきたいろいろな対応が“見える形”になるよう努力したもの」だと評価しているという。 残念ながら、この文書を読み終えて、私はそう楽観的には思えない。たしかに金銭問題について小室側は十分に証拠や法的根拠をもとに説明&反論はできていると思う。 元々、この元婚約者のいい分がムリ筋なのである。金銭問題だけではなく、母親・佳代との私的なメールを流し、父親が自死したことや、一卵性母子のあることないことをメディアに流し続けた。 多くの国民は、この男のいい分に理がないことは重々承知しているのだ。 だが、この文書全体を覆っている、法廷で被告を追い詰めるような検察的ないい方は、多くの国民を白けさせてしまうのではないか。 今、小室圭がやるべきことは、自分が正しいと一方的にいい立てることではなく、小室って奴はなかなか人間味があっていい奴ではないかと、多くの国民に思ってもらえるような文章を、その優れた頭を使って絞り出すことではないのか。 ■解決金報道に思わず「なんだよそれ! 」 これを読んで、2人の結婚を祝福してやろうと思う人間がどれだけいるのだろう。 『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出た元大阪市長の橋下徹はこういった。 「法律勉強したて、しかも司法試験に合格する直前の人間は、みんなこういう状況になる。すべて法律で物事を考えてしまって、世の中のことが何でもかんでも法律、法律、法律ってなるんですよ」 こう書きかけたところで、驚くような情報が飛び込んできた。 「小室圭さんの代理人弁護士が12日、朝日新聞などの取材に応じた。小室さんの母・佳代さんと元婚約者男性との金銭トラブルをめぐり、小室さんが『解決金』を渡すことを検討していると明かした」(朝日新聞4月13日付) 弁護士によると、小室は、話し合いで解決しようとしたことを文書の中で伝えられたと判断して、「解決金」を渡すことで次の段階に進むことを選んだというのである。 「なんだよそれ! 」と声をあげた。 あんたは文書の中で、解決金を渡して和解ということも考えたが、「世間からはやはり借金だったのだ」と見られてしまうに違いない。 そうなれば、「将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族と見られ続けてしまう」から「一生の後悔となる可能性のある選択」はできない、これは「切実に名誉の問題」だといい切っているではないか。 ■名誉とはそんなに軽いものだったのか 私は眞子さんと彼のことをウォッチし続け、結婚が成就することを望んできた一人である。今時珍しく筋を通す若者だと思ってきた。だが、弁護士資格を取得するための猛勉強の中で大事なものを見失ってきてしまったのではないか。 弁護士というのは、間違いなく殺人を犯した人間でも弁護をしなければならない。そのために会得した弁護士技術を駆使するのだ。 母親が元婚約者にお金を借りたことは間違いないが、それを認めたくないがために詭弁を弄(ろう)し、小室母子は「無罪」だと申し立てる文書を作成したのではないのか。そう勘繰りたくもなる。 あんたの名誉とはそんなに羽のように軽いものだったのか。もし金を払えば、借金を踏み倒そうとしたが逃げそこなった母子と、一生いわれ続けるが、それでもいいのか。 最初にこの問題を報じた週刊女性(4/27日号)は、小室文書についてのアンケートを取っている。2300人以上から回答が寄せられ、「納得できない」が9割にもなったと報じている。 理由は、「自分本位」「眞子さまへの気遣いはなく、自分自身と母親への愛情が伝わってくる」「国民の怒りのポイントは借金問題ではない」というものだったという。 また、元婚約者が母親・佳代に送金した振り込み記録を再び掲載しているが、「24-1-12 2000,000 コムロ カヨ」などとはっきり印字されている。 ■「文は人なり」といわれるからこそ そんな逆風の中でも、結婚への強固な意志を持ち続けている眞子さんの力で、重い扉が開かれようとしているようである。 週刊文春(4/15日号)は、2人の結婚に強く反対していた母親の秋篠宮紀子さんが、「2人の結婚を容認」に変身したと報じている。 なぜなのか? そのキーパーソンは美智子上皇后にあるというのだ。以前から、秋篠宮夫妻と食事などで席を共にする時、孫と小室圭の借金問題を憂える言葉を紀子さんに度々かけていたという。 だがコロナ禍で公務や誕生日のお祝いなどがなくなり、紀子さんは美智子上皇后と顔を合わせる機会が激減した。 「紀子さまは元々、ご自身も自由に育てられ、お子さま方もそのように育ててこられたため、結婚に反対することに、ご自身の中でも葛藤を抱いてこられた。美智子さまと顔を合わせる機会が減ったことが、眞子さまの望む通りにしてやりたいとお気持ちを変化させる一因となったのです」(紀子さんの知人) 眞子さんの愛が、周囲を翻意させ、小室圭との結婚を手繰り寄せたようだ。 最後に、小室圭にお願いしたい。 われわれがあなたに求めているのは、怜悧な刃物のような人間ではなく、眞子さんにふさわしい優しく温かみのある人間であってほしいということである。それがあれば、自ずからその人の書くものに表れる。「文は人なり」といわれるではないか。今一度、小室圭という人間性が浮かびあがるような文書を発表してほしい。(文中敬称略) ---------- 元木 昌彦(もとき・まさひこ) ジャーナリスト 1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、近著に『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。 ---------- https://news.yahoo.co.jp/articles/729011771d9d5a309b1299aa6214149c5a9f4d0d?page=5

1人がナイス!しています

0

旧梨本宮家は何処の馬の骨かわからんのを養子にしているので不可能ではない。

3

ID非公開

2021/4/14 15:04

話になりません。 小室氏は、母親だけでなく 本人も国民から嫌われているのです。 眞子内親王を日本に置いて アメリカに渡るような人間の性格が良いと思えますか?

3人がナイス!しています

0

皇室典範で、皇族は養子をとることができないのではなかったでしょうか。 もっとも、皇室典範は一般の法律であって不摩の大典ではありませんから、国会の承認だけで簡単に改正できると思います。 戦後にGHQの強い意向を受けて皇室典範を改正しましたが、以来一度も改正されていません。 保守派から「押し付け皇室典範の廃止と自主皇室典範制定」の提起がなされてしかるべきです。