PGOのスクーターTIGRA125に乗っています。昨夜遅くに突然バッテリー電圧が低下し始め、最終的に走行不能な電圧低下状態になりました。

バイク | 車検、メンテナンス37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

返信ありがとうございます。 冷却水とエンジンオイル、プラグは今回の下道ツーリング前(前回820㎞下道爆走ツーリング後)に交換しております。 今回、2日目の津軽半島竜飛岬周辺で冷却水警告灯が点き、近くのホムセンで冷却水を購入・補充したところ、警告灯は消えました。 今回のツーリング中は水温表示は下から2目盛でほぼ一定でした。東北は殆ど気温10度以下だったこともあります。 とにかく3日目は青森市から八甲田山~十和田湖~龍泉洞~宮古~釜石~大船渡~石巻と走破してきており、幾ら何でも走りすぎだったと思います。右カウル内に収まるレギュレーターの冷却が追い付かなかった可能性が大きいです。 来週中に純正レギュレーターが届きますので、TIGRAを預けてきた塩釜を再訪して修理してきます。レギュレーター交換で復活すれば良いのですが…。 ご意見ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何度も補足の説明を頂いたり、参考画像も添付してくださいました。 とても有難かったです。

お礼日時:4/16 23:41

その他の回答(1件)

0

普通で考えればレギュレーター。これでも充電しなければジェネレーター。ジェネレーターなら開けてみれば目視できるので分かり易いですね。 回答したかったのは上記ではなくて。。 実は先日、同じ目に合いました。テスターでレギュとジェネレーターを測りまくりましたが、どこも異常はなかったのです。 原因はカプラーでした。 ちゃんとはまってはいましたが、接触不良になっていたと思われます。原因は分かりませんが接点復活剤で復活しました。 ワイヤーも調べてみると良いです。

返信ありがとうございます。 私住まいは千葉県で、TIGRAを置かせて頂いているのが宮城県の塩釜市なのです。純正レギュレーターが届き次第、再訪して修理し自走で帰ってくる予定です。 ジェネレーターだとステータコイルを手配しなければならないので、また無駄に往復する可能性がでてきます。レギュレーター交換で復活すればよいのですが…。 先月ヒューズやカプラー類の着脱と接点復活剤塗布したこともあるので、tarukuuさんのご意見も参考させて頂き、チェックしたいと思います。 ありがとうございます。