回答受付が終了しました

山を買った方が家を買うより安い?

回答(6件)

0

質問の内容は山を買った方が安い?ですよね? なら買うなら山の方が安いですね。 生活するのに住居ないのくだりは質問と関係ない気が…

0

山を買って、その状態で楽しむか、地道に自分で整備できれば お安く楽しめます。っていうのが今の「山を買おう」という話。 ド田舎のさらに奥で、マイホーム生活をしようという事じゃない。 生活の場としての中山間~山間部は、ごく一部を除き終っている。 既に、ほとんどの自治体は、徐々に山間部から廃棄・撤退を始め 暗に住民に出ていく事を促している。 その住民が出ていくにも、お金が必要。そういう負の最後の受け手 をキャンプブームに乗っかって募っている面もある。 売りに出される山は、経済的に行き詰まっているから売られる。 儲かる山や、遊びに使いやす山は、とっくに誰かかが使っている。

0

家建てると言うか、昔は里山って言って、人間が木を植えたり、切ったり、治山したりして、人間が住んでる里に、有益になるようにやってたんだよね。 今じゃ、個人で山を管理する人は少なくってるし、都会暮らし的な感じの生活が田舎でも出来るんで、その都会的暮らしを山で一からしようとしたら、結構お金かかるんだよね。 例えば、電柱一本50万とか、道路や水道だって、個人で引くと自分で維持しなきゃいけない。 普通の人じゃ、一生暮らすって思っても難しいと思うよ。 極端な話、よっぽどお金を貯めてるか、一定の収入が高額ならいざ知らず、その辺の人は、一から初めて、どこかで苦労しない限り、北の国からの五郎さんの家よりちょっと良いくらいの環境しか出来ないと思いますよ。ルールーるぅ!

1

山の場所と広さ、ライフラインの充実度により価格は決まります。そこに住むとしてどの程度の住居を作るのか次第。木造二階建ての通常の建売住宅のようなものを建てるのか、プレハブで済ませるのか。 普通の宅地も場所、広さ、家の規模で価格は決まります。 ということでどちらが安いかは条件次第。不便ではあるけど山奥の一部を購入してプレハブ程度の家建てれば普通の利便性の良い住宅地の宅地買うよりは安く済むのは事実。それ買う人はその不便なところを受け入れて買う訳で他人がどうこう言う問題では無いですね。

1人がナイス!しています