以前、ガソリンのように販売されていた『ガイアックス』などの高濃度アルコール燃料は

石油、天然ガス | 自動車28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

現在のガソリンにはエタノールが混ざっているのですか? ① 売り手が勝手に混ぜて売るのはダメだと思うのですが、ちゃんと消費者に知らせているのですか? ② エタノールを混ぜた分、料金は安くなったのですか? 混ぜて原価が安くなったのに、販売価格が変わらなければ、なんかズルい気がします。 ③ エタノールを混ぜて、ガイアックスで言われていいた不具合は起きていないのですか?

その他の回答(4件)

1

古い車に入れると燃料系統のゴミが取れてフィルターが詰まりエンコ続出したよね。自分のも止まったしスタンドの兄ちゃんも苦情が凄いと言ってた。

1人がナイス!しています

0

ガイアックスはガソリン税も軽油税もかけられない節税商品だったんです。 しかし原料のアルコールは石油由来でガソリンよりも高かったんです。 まあこんなものは国によって潰される運命です。 軽油税の対象になったとたんガソリンより高くなって売れなくなりました。 焼酎などの小さいメーカーを守るためにビールに高い酒税をかけていたのに、節税商品の発泡酒が売れ出したら酒税を改正。 それをすり抜ける第3のビールが売れ出すとまたまた酒税改正。 とにかく税金取るためなら何でもありなんですよ。

0

懐かしい・・・厚木の129号線へ合流する所に有ったな。 R33スカイラインタイプMに乗っていた頃に何度か入れたが(ブーストUP仕様)問題なかったけど、とにかく臭いが強烈だった(嗅覚だけは優れていたから)。 知らぬ間に無くなったけど、やはり問題が有ったんでしょうね・・・回答になってませんね(-_-;)