金利と利回りの使い分け ニュースや記事を見ていると 米金利上昇や国債利回り上昇などという言葉を目にしますが

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

国債などの債権は、 毎年配当があり期限が来ると額面通りの金額が返還されるでしょ? 例えば額面が10万円で、毎年の利息の配当が5千円だとすると 満期が5年なら5年後に10万円が戻ってきて その5年間に利息として2万5千円の配当がある感じ 同じ様に預金の場合に10万円定期預金に預け 利子が単利で年利5%なら毎年5千円の利子が付き 満期になれば12万5千円戻ってきますね 5年間を見ると、国債も定期預金も変わらず 12万5千円手にする事が出来ますが 預金(寄託契約)と債権の大きな違いは 預金の場合、3年後にお金が必要になって定期を解約した場合 利息の額は減らされますが、元の10万円は減りませんね 債権の場合は、3年後にお金が必要になった場合 債権を売る形になります 当然、買う側としたら国債を買い5年置いて置けば 10万円と配当の利息2万5千円が手に入るわけですから 3年落ちで後2年しか残っていない国債を買って 2年後に10万と1万円手にしたとしても何にも魅力がありません その為、額面10万の国債を途中で売る場合 値段を下げて売る事になるのですよ 例えばこの国債を9万円で売った場合 売り手は3年間に5000円の配当を3回受け 合計1万5千円利息を得ていますから 9万+1万5千円で合計10万5千円となり 3年間で5千円の利益を得る形になります 形としては10万円を3年預け5千円の利子が付いたと同じ形です これが利回りです 買い手側は額面10万の国債を9万で引き取り 2年後に10万円の他に2年間の5千円の配当を受けているのですから 2年間で2万円の利益が上がった事になります