ID非公開

2021/4/10 6:15

88回答

第二次世界大戦中にアメリカは石油を何処から確保し運用していたのですか?

世界史 | ミリタリー95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:5/1 8:42

その他の回答(7件)

0

私が昔読んだ話では。 アメリカ自国内の油田は戦後の支配体制確立のために、なるべく大事に温存して。 ベネズエラあたりの油田を、かなり無茶な採油をして、調達したとおぼえています。 ああ、アメリカは戦争はじめの頃から、勝利の後の世界支配のこと考えているのか!と考えさせられました。

1

アメリカの石油産出量は、中東並みですよ(^^)/ いまでこそ中東に依存し「自国の石油を温存する」国家計画ですが、 大戦中はアメリカ国内でバンバン算出していました(^^)

1人がナイス!しています

1

アメリカとの戦争に反対だった山本五十六は、テキサスの油田と、デトロイトの煙突を見たら、アメリカと戦争する何て、考えられない。 と言って居ました。 イギリスは大戦中、殆どの原油 ガソリンは、アメリカに依存して居ました。 アメリカ国内では、大増産して居ましたが、国内のガソリンは、一部配給制に為って、国内では不満が出て居たそうです。

1人がナイス!しています

1

テキサス州、ノースダコタ州、アラスカ州など、アメリカ国内で石油が取れました。当時の日本の石油の80%がアメリカから輸入された物なので、外国にばら撒けるほど大量にありました。

1人がナイス!しています