横浜のガンダムのような動く巨大ロボットを、今まで誰も作ろうとしなかったのはなぜなんでしょうか。

アニメ | 工学49閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

2018年に、中国 貴州省で開園したVRテーマパーク「東方科幻谷」には、全高53mのロボットがあるそうな。各部が可動し、ポーズが変わる。 あんたが知らなかっただけ。 まぁ、お約束通り中共はつい6年前までゲーム機の開発販売を禁止していたし、永年にわたる一人っ子強要政策で、庶民の間でもゲームへの嫌悪が激しく、自国内ゲーム市場自体が厳しい。 あと、この貴州省はチベットとの国境付近の、国内でも最貧地域にある…って点も留意しよう。

画像
2

そもそも世界の人達は巨大人型ロボットにそれほど情熱を持っていません。 日本が異常なだけです。 必要がありさえすれば、もっと巨大なマシンはいくつも作られています。 (ギネスに乗っているのはあくまで「人型メカの」です) 例えば、ドイツのエスカベーターという機械は地上を自走する世界最大の機械と言われていて、 全長225m、全高96m、総重量14,200t、という化け物です。 横浜のガンダムは、高さ18m、重量25t(ただし、ドック部分は含まず)なので、いかに巨大かわかります。 しかも、向こうは自分で移動することができます。 なので、単純に、巨大な動く人型には興味が無い、と言うことかと。 動く実物大恐竜とかなら、わりと世界中にあるとおもうので。 みんなソッチのほうが好きなのです。

2人がナイス!しています

0

>出資する人がすでにいてもおかしくなさそう 出資する人がすでにいてもおかしくありませんが、 出資する人が全くいなくてもおかしくはありません。 出資する人がいないのはおかしいという程の 必要性も必然性も無いというだけの事です。