令和の桃子(多肉植物)育て方

画像

観葉植物 | 植物187閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

夏に日陰管理 断水などは、間違った栽培方法ですので行っても意味がありません。・・・と書くのが常識なのですが葉緑素の無い新葉である以上、足掻いても無駄である事で栽培方法はないと考えるのが常識だとおもうのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えてくださってありがとうございました

お礼日時:4/19 17:49

その他の回答(2件)

0

はじめまして 素敵な個体ですね、かわいらしいです。 多肉植物ですがさらに言うと一般的にメセンでくくられます。 品種名の通り、令和から顔を出し始めて新しい品種です。 ピンポイントで調べてもコアな方のブログ程度でしか紹介されていないので、ざっくりとメセンに当てはめてみるのが無難かと思います。 質問者様がどれほど多肉植物などをお育てになっているかの経験値はわかりませんが、お調べになった情報で概ねは間違いありません。 私は当該の品種は持っていませんがリトープスやサボテン類は多数所持しておりますので参考になればと回答させていただきます。 1.水を与えない期間は梅雨~夏という事で良いのでしょうか? →水を与えない、水を完全に切るという方もいますが私個人はちょっと微妙です。 水を与えない理由はもともと多肉植物は乾燥地帯で育ち、少ない水で生き残ることに耐性があり、逆に多量に水を与えることは根が腐る原因になります。 特に夏場の水やりは日中にあげると鉢の中で根が蒸されてしまいダメージとなります。 ただし水を完全に切ればセーフかというと…成長がとまるのでお水は不要ですが、根が完全に乾燥しきらないように最低でも月1は水を流した方がいい気がします。私は雨天時や早朝、夜間の気温が低いタイミングに済ませてます。 2.休眠期間以外で水を与える場合は何日置きにどれ位の量を与えれば良いですか? (水を与えるときの目安について) →これは一番聞かれますが、使用している土、置いている場所、住んでいる地域の気象状況で変わります。 ものすごい乾く土を使用して温かい場所に住んでいて採光が確保できている方と、植え替えずに排水性の悪い鉢を使用し室内で管理している方では全然違います。 両者に同じ頻度でいいよ~なんていうとどちらかはおそらく異常が発生します。 とはいえざっくりでいいようでしたら私は植物に皺がよるか、完全に土が乾いたらあげます。 基本は乾かし気味ということで、あげたとしても週1程度でしょうか。 あげるときは鉢の下から流れ出すまでたっぷりと。ちょろっと毎日あげるみたいなのが一番だめです。 3.他の基礎的な知識を気を付ける事 →もしかしてですが、購入されたまま植え替えてないでしょうか。 表面の白い石はご自分でセットされましたか?なんとなくお店で購入されたままのような気がしました。 長期的に生育させたいのであれば可能であれば植え替えてご自分好みの土に植え替えてあげてみてください。 あと多肉植物が強いのは高温と乾燥、弱いのは低温と多湿です。 日本は夏に高温多湿、冬に低温乾燥となります。 なので夏と冬に関していろいろ育て方に工夫がいるので様々な育て方の資料が出てきます。 ご自分の環境に合わせて対応されれば楽しめると思います。 こういったものは少々コツがいります。 その分コアな分野で詳しい方も多く、同時に育て方への考え方も非常に多いです。 ご自分の好みや経験を交えて今後楽しんでいただけたら幸いです。

1

1:6~9月頃は断水で良いです 2:生育期は用土が乾いたらタップリが基本です 令和の桃子は商品名だと思うので、育て方はコノフィツムを調べればいいと思います。 噂になってるので調べると出てきますが、 除〇剤をまいてあの色を出してるようで、今後枯れてしまうと思います。 生き残るケースもあるようですがかなり弱いので、日陰で養生させながら育てるしかないです。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます 回答者さまによっては断水したほうが良いとする方と少しは水を与えたほうが良いという方、日陰に置いたほうが良いという方とひなたに置いたほうが良いという方と様々いらっしゃって難しいですね 少しでも長くみれるように頑張ってみます