ID非公開

2021/4/11 18:47

22回答

政治用語についてお尋ねします。

補足

階級闘争という世論を作りたい方の前提は、固定階級? 今時は固定させないことが政治の前提かな? 貧困の連鎖をいかに止めるか、それが社会保障、教育政策であろうと理解しています。その前提は、誰もが自らの夢、志を抱き、等しく挑む、挑戦できる公正な基盤を作るということでしょうか。生活保護と同時に職業訓練、就職支援などの仕組み。同時に、ささやかな飲食店設立などから始まる新産業育成…。休業保障…。いずれも、固定させないことが大前提の公正な社会。そこでの闘争?って何でしよう。自らの夢、志しの元で、挑戦し、生きる贖いを得る営みは闘争かな? 贖いも、個人営業主もあり、会社勤めしながら余暇を作って会社起こし、通販店主も、ユーチユバーもある。社会保障、教育などは、その準備も含めて公正な社会を築く人材育成です。そこで必要なterm は、挑戦、チャレンジでしょう。闘争ではない。 闘争という語を選ぶ方は、階級固定、異種グループ分けをしないと話しが始まらない。その語を選ぶ方は、個人の夢、志し実現への営みとしての挑戦は口にされない? 多様性を備えた境のない社会での挑戦では階級闘争には不都合なのかな? 誰のための闘争でしょう。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/4/14 18:24

もしや、貴兄の「暴力」という言葉は、固有思想にハマって抜けられなくなつた方々の用語かな? 今日では「奴隷」という語も日本はおろか、多くの国では稀。用語も喩えも、あまりに特殊で、その用語を使わない者には回答不能です。 ちなみに、平等と公正という言葉は、通常、対で話題にされることはご存知ですか? 渋沢栄一のお孫さん、敬三は、財閥解体に取り組むに際し対象外にも関わらず、自らも渋沢財閥を解体されたとか。渋沢の修正資本主義によって、その後、公正で豊かな日本が築かれたことは最近承知しました。NHK番組から。 ちなみに現代社会では、侵略が事前予測されるならば侵略されないように自衛するばかりか、先の手を打つのが国政の務め。それは企業の展開でも同じかな。そのような方々を尊敬しています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

国境を超えて地球規模で物事が進むSDGs時代に、19世紀の言葉使いで、19世紀事象で説明する。ま、そのような方々が未だに生きておられる。そのような方々の思考法や論法を知る機会となります。 御信仰に対して反例はいくらでもあがります。 それを反例と世間が認めれば御信仰は世間的には受け入れられないと評価されたことに…。 今時を視野にすれば、反例がいくらでも上がるということで面白い:ベストアンサーの選考基準です。

お礼日時:4/17 23:39

その他の回答(1件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

あまりに抽象的なので 具体的に何を質問しているのか分からないが 古今東西において 人間社会には必ずリーダーが存在します。 どんな小さな社会や組織だろうと リーダーが存在すると必ず権力が生まれます。 権力を持つリーダーと 持たない大衆の間には必ず格差が生まれます。 いくら憲法で民主主義だの平等だの謳っても コレは紛れもない事実 立身出世=階級闘争そのもの… それから『こども庁』は戦前の発想でしょう 余計なお世話だし時代錯誤もいいとこ… そもそも日本社会の問題点は 悪しき偏差値原理主義と新卒原理主義なのは アホでも分かります。 世界屈指の長寿健康大国なのに発想が古臭い ベビーブーム昭和期のまま何も変わってない 一度のドロップアウトで再起不能の社会では やる気も活力も生まれないのは当たり前です。 そりゃニートも爆発的に増えるわな… 超少子高齢化の本当の原因も悪しき原理主義 日本人労働者の半数以上が 非正規雇用かワーキングプアという現実です。 子供に金をバラ巻けば解決する問題ではない 永田町.霞ヶ関の発想は 根本的にズレていると思います。