回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/12 5:26

88回答

1万円以上は1万円を含みますが、例えば『予算は1万だ。それ以上は払えない』とう場合はどうなりますか?

回答(8件)

0

>それ以上は払えない』とう場合はどうなりますか? 1万円超は払えないということであり、1万1円以上は払えないということになります、1万円までは払えるということになります。 数値で「以上、以下、未満、超」というのは、この場合1万円を含むか含まないかがハッキリしていますが、よく誤解というか勘違いがあるようです。 似たようなものとして「関係者以外は入室禁止」というのがありますが、この場合は「関係者は入室してよい」ということであり、「関係者も入室禁止」ということではありません。

0

日常会話での使い方は、本来の言葉の意味と異なる場合が多々ありますので、会話の流れから判断すべきでしょう。 この場合は、1万円が予算として払える上限で、10,001円以上は払えないという意味でしょうね。 「人一倍頑張る」という言い方もありますが、一倍=同じですからね。この場合は(二)倍頑張るという捉え方をします。

0

契約書や算数の宿題といったようなこと以外は、「以上」がそれを含むかどうかは状況に応じて判断してください。

0

日常会話ではよくある内容であり、現実的には矛盾している内容です。 予算が1なのですから、予算を全額費消することは問題ないと考えますので1の買い物は許容されているという判断で良いのではないでしょうか? 「それ以上は・・・」には1は含まれますが、発言の主旨は「予算オーバーな認めない」と解すべきと考えます。

1

”予算は1万円だ。” と言っていますからね。 その後に”それ以上払えない。”と言っています。ただこの場合の”それ以上”は10001円以上と言う意味で認識されていると思います。

1人がナイス!しています