回答(5件)

1

元々は『枕が寝る』を転じて、寝床に準備された枕と共に一夜を過ごすことから、売春や性交渉を指す言葉で使われたもので、『売春』は、元はギリシャ語で、日本の場合は、やはり芸者の前身、遊女の商売が由来のようです。 実際、芸者は芸を売るのであって体は売らないというのは、建前でして、『蹴転がし』といって、やはり芸能の世界は現代と同様、昔も容姿以外に能の無い、田舎から売り飛ばされた娘が見習いから、見放されて茶屋を追い出され、遊郭に落ちる女も結構多かったようです。 昔は一層の男尊女卑ですから、貧しい農家の娘は貰い手がいないと、タダ飯ぐらいで役にたたないと身売りされることも多く、そこから落ちぶれて行く際に、ほとんど着の身着のまま追い出されるので、枕くらいしか持ち物がないのがよくあったとか。 遊郭に行けるならまだしも、現代でも都心部でよくありますが、学歴の低い、巨乳の女子で容姿は並以下といった場合、まぁ悪い話、売春に手を出すように、昔もやっぱり街娼のような行為に身を転じる女も多かったようで。 路地裏で枕を抱えて、そのへんの草むらでゴザだけ敷いて体を売って稼ぐような商売、これが枕営業の語源のようです。 今の日本でも、生命保険の営業とか、売れない女芸人、アイドル崩れとか、本業では才能がなくて、身売りで生計を建てるといった事がよくありますからね。まぁ買う男の方が悪いんでしょうけど。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

枕は寝るという事ですからね。 寝るという事になったらセックスという事になると思いますがね。 今はハニートラップという事で利用されてしまっていますがね。 江戸時代には枕芸者なんて言葉がありましたよ。

0

語源について詳細なことはわかりません。 古くは芸道が半端な芸者は身を売って金を得る 「枕芸者」と呼ばれたことからかもしれません。 芸能人は昔で言うところの瓦乞食。 身体を売ることで仕事や金銭を手にすることは 男女問わず日常茶飯事に行われていたのです。 実際に中央自動車道新設工事の折に ○○生命保険のセールスレディさんたちが 工事作業員の給料日(会計日)になると飯場を訪れ 部屋の一部を貸し切りそのような行為をしていました。 作業員としては馴染みが薄い高額なソープに行くより 保険料を払うといい思いができるとあって 人気は高かったといいます。 私自身、銚子へ仕事に行った折のことですが 夜10時頃GSに立ち寄った時に隣で給油していた女性に 保険加入を条件にホテルで遊ばないかと誘われました。 当時は保険レディの捨て身契約はニュースにもなりました。 これはまさしく枕営業と言えますね。

0

枕を販売したり使う仕事のことです。 「枕外来」の専門医師は、枕には寝返りを促す調節機能があり、健康維持に効果があるとしています。 南アフリカのアウストラロピテクスも枕をしていた証拠があり、世界中で用いられています。言葉より枕の方が古くからあったとされます。 「枕」(チン)の文字は、中国の玉枕や陶枕由来です。 「まくら」の読みは、ヤマト言葉の「まくら」由来とされます。漢字で表すと「真座」あるいは「魂蔵」です。

補足 アウストラロピテクス頭骨の下に小石を敷いた例があり、本来、その上に皮や葉をかぶせて枕にしていたと、推定されています。 なお隠語の「枕営業」は、性行為を交換条件にした契約行為全般を指します。ただし世界最古の娼婦の記録は、メソポタミア・ギルガメシュ神話の神殿の巫女ですが、性行為は聖行為でした。野蛮人のギルガメシュは巫女さんと一週間性行為をして、文明化したとされます。 日本の遊女も朝鮮の妓生 (キーセン)も宮廷の舞楽担当の女官でした。韓国は最近まで、米軍相手の妓生の仕事を愛国行為として奨励していました。

0

仕事を得る為に一時的に身売りする事ではないでしょうかね 枕というのは、寝床で何かを行うから枕と言って居るのだと思います ちなみに僕は頚椎症のせいで枕無しの方が調子が良いです

画像