ID非公開

2021/4/12 17:50

55回答

奥野容疑者を釈放するのは虎を野に放つ用なものですか?

画像

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

どうやらこの男性はアスペルガー症候群だそうです。 アスペルガー症候群は、自閉症にみられる特徴(社会性発達の質的障害、興味や活動の偏りなど)を共通の類似点として持っています。自閉症では知的障害や言語発達に遅れを伴うことがありますが、アスペルガー症候群ではそれらはありません。 知的レベルが正常であり、言葉の発達に遅れはないことなどから、一見すると「ちょっと変わった人」程度に認識されることもあります。しかし、アスペルガー症候群の方が社会生活を送る際に困難さを伴う点においては自閉症と相違はなく、治療や支援を行うことはとても大切です。 アスペルガー症候群と自閉症には重複する部分も多く、近年は「自閉スペクトラム症」として1つの疾患概念に含めて考えられるようになってきています。アメリカ精神医学会による最新診断マニュアル(DSM-5)では、アスペルガー症候群と自閉症の診断名は削除され、自閉スペクトラム症に統一されました。 アスペルガー症候群では、以下を特徴とした症状が出現します。 ・社会的コミュニケーションの障害 ・興味や活動の偏り ・こだわりの強さ アスペルガー症候群の方は、一見すると他人に興味がないように見えます。しかし、本当に興味がないわけではなく、どうやって他人と関わっていけばいいのか、その方法が分からない状況です。 こうしたことから、アスペルガー症候群の方は人のなかで浮いてしまうことが多く、幼児期には一人遊びが中心となります。しかし、他人にリードされること、自分より年齢が小さい子をリードすることなどで、集団行動が可能なこともあります。 アスペルガー症候群では、場や年齢にそぐわない言葉づかいをします。また、年齢相応の羞恥心や常識についての理解が乏しいこともあり、オブラートに包んだ表現をすることも苦手です。本人に悪気があるわけではなく、思ったことを正直にいう傾向があります。しかしこうした気持ちは他人には伝わらないこともあり、対人関係に障害をもたらすことがあります。 アスペルガー症候群の方は、興味や活動の仕方に偏りがあります。こうした傾向が学問に向かう場合(たとえば数学やコンピュータープログラミングなど)には、驚くべき成果を達成することもあります。しかし、こうした傾向は必ずしも社会的な意味を持つものばかりではありません。 たとえば、バスのルートや時刻表を詳細まで記憶していることがあります。こうした情報は、アスペルガー症候群の方にとってはとても興味深いものであるため、他人と情報を共有しようとしますし、話題を変えることを嫌がることもあります。その結果、友人関係において、「話題が面白くない」「会話がつまらない」などの評価を受けることもあります。 アスペルガー症候群では、これらの症状があることから人間関係の構築に問題をきたすことがあり、学校生活や会社での環境において孤立することもあります。また、自身の気持ちが周囲に伝わらないことを経験して引きこもりになったり、うつ状態を呈したりすることもあります。 自分の行動基準に関して、非常にこだわりが強く、それをなかなか修正出来ないのも特徴です。 アスペルガー症候群故に、修正出来ないのだと思います。 無理に修正すると、パニックを引き起こす場合もあります。 また、社会性の低さから、自分が指摘されている理由の根幹がなかなか理解出来ないのだと思われます。 アスペルガー症候群の人は周囲のサポートが重要になります。ただし、奥野 淳也に関しては、父親も同様の気質がある可能性が高く、サポートどころか欠点を助長しているように思えてなりません。 本人が自覚していないのであれば、検査を受けさせるなど、周囲のサポートは必須です。 確証はありませんし、ナイーブな問題なのですが、マスコミ等もオモシロ可笑しく取り上げるだけではなく、この辺りの話題にも踏み込んでも良いのでは?と思ってしまいます。

0

虎ではない 東大法学部卒の同期はすでに 役所で課長補佐くらいにはなっているのだろうか バカな同期ではあるが 東大法学部卒のキズナは固い