ID非公開

2021/4/13 11:17

66回答

日商簿記1級についてです。

資格 | 簿記95閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

簿記一級の受験者って公認会計士試験や税理士試験の受験生がたくさんいるんですよ。普段の勉強量が違いすぎるので、その人たちに勝って上位に入るのはそりゃ難しいです。もう少し粘ってみてもいいと思います。

1人がナイス!しています

1

おかしな表現ですが日商1級の撤退の目安は受験回数4〜6回(2〜3年)です。 まだ6回3年に達していないならもう少しだけ頑張ってみてはどうですが? 私はたった2回で撤退を決めちゃいました。私は後悔してませんが周りからは"勿体なかったなぁ"とよく言われましたからね。

1人がナイス!しています

1

1年間簿記1級の勉強をして、そして諦めてしまうのは勿体無いと思います。 あなたが経理系の仕事に就きたいと考えてるならまだ粘って、日商1級とそしてそれと並行して全経上級の受験も頑張ってみては如何でしょうか。 一般的に全経上級を持っているのは日商1級とほぼ同じ実力があるとみなされますから、就職にとても役立ちますよ。 試験内容もほぼ同じですから対策は過去問題解くくらいに留めて日商1級と並行して頑張るのも手だと思います。 大体の人事の人は全経上級の存在知ってると思います…多分ですが。 自分の面接先の人は知ってて、とても評価してもらったと思います。

1人がナイス!しています

1

日商簿記検定1級の合否って、どう決まるかご存知ですか? ものすごくザックリ言うと、上位10%程度の人が合格します。2級3級のように、何点以上をとれた人は全員合格ではないのです。前回より高得点を取れたけど、自分よりもっと高得点をとった人がたくさんいると、不合格になることがあります。 大学受験みたいですね。 今まで頑張ってきてきたのを止めるのは、勇気がいると思いますが、気持ちを切り替えてもいいと思いますよ。

1人がナイス!しています

1

一級を取るメリットは正直あまりないです ほとんどの企業において一級レベルの知識は要求されないからです 難易度が高いことは重々承知でしょうし、そのうえあまり評価されるものでもないとなると、その他の勉強や課外活動に時間を割くことをおすすめします。 一般的な総合職の就活ではあまり資格は重視されるものではないですが、一般的には簿記2級とTOEIC600以上あると資格の面では悪くないと言われてます。

1人がナイス!しています