幸福の科学の大川隆法総裁先生は、 中国や北朝鮮を救いたいなどと言っていますが、 そういうのを自己満足と言うのではありませんか?

宗教66閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとう!

お礼日時:4/19 16:21

その他の回答(3件)

0

大川総裁がそう言っている、ということであれば、 それはその通りのことであって、 自己満足というものではないんだろう、 と思います。 また、自由、民主、信仰という3点セットは、 近年、大川総裁から打ち出されたものだと思いますが、 この3本柱をメインにすれば、 国家としては、地獄化しないだろう、 という目安とお考えになったのでしょう。 信仰、ということについては、 現代人は神の思想は学んでいないため、 受け入れがたいという事実はあります。 しかしながら、この地上と、この地上を去った 真実の目から見るならな、 神なくして、物事なし、 というのが真実だと思われるので、 この部分については、 地上にいる人々に態度を改めてほしい、 ということになるだろう、と思います。 親がいて、その親のものにいる子供たちには、 子供たちの姿勢というものがあります。 これを理解できない人には、 神も、神の願いも、わからないかもしれません。

この返信は削除されました

2

ここでご質問にある信仰とは、幸福の科学の信仰だと仮定してお答えします。 民主主義と信仰とは一致しません。 信仰は帰依を要求します。これは主への絶対服従の事ですから自由意思と民の声を優先する民主主義とは相反するものです。 少なくとも主が地上におられる間は、「自由」「民主」は無く、服従のみです。これを信仰と言うのです。

2人がナイス!しています

0

>自由と民主はいいとして、信仰を掲げると、多くの日本人は、難色を示すのではないですか? 信仰ありきの自由、信仰ありきの民主、 なのです。 ^_^