危険物取扱者について

資格 | 化学25閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/4/17 20:18

その他の回答(2件)

0

危険物保安監督者になる場合、6ヶ月以上の実務経験が必要です。 乙種での経験なら当該類の保安監督者にしかなれませんが、甲種での経験なら全類での保安監督者になれます。 なので、取れるなら甲種がいいです。

0

甲種だと ・危険物保安監督者の選任で、どれか一つの種類での取扱いの実務経験があれば全ての種類の危険物保安監督者の選任ができる。乙種全類では、各々の種類での実務経験が必要。 ・取扱える範囲が同じであれば、試験手数料と免状交付手数料の総額が若干安くなる。 くらいのメリットになる。 逆にデメリットとしては、甲種は試験内容が高くなるし科目免除もないのでより勉強が必要になるし1回で合格するとは限らない。