先祖は母親からしか辿れないのに、なぜ日本だけは断固として男系天皇にこだわっているのでしょうか?

補足

天皇家は朝鮮の百済の王族の末裔とされる説がありますし、 現上皇が天皇在位時、ご自身もそちらのルーツを持っているとハッキリおっしゃられていました。 しかし、人種のルーツを辿ることに関しては、ミトコンドリア遺伝子でないと不可能です。 根源的なルーツすら辿れなくて、千数百年も前の太子の墓すら宮内庁が何故か学者に開帳出来ない状態で 何故男系のみにそこまで頑なにこだわらなければいけないのでしょうか? 不思議で仕方ありません。 聖徳太子のルーツさえハッキリすれば、日本が世界の中で特に男系にこだわっている理由がわかるのでしょうか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ああなるほど! 個人的には、悠仁様よりも愛子様に天皇になっていただければ・・ 戦後に皇室を残した理由は、アメリカがより日本を支配しやすいから。 一般市民の視線が厳しいこのご時世、皇室の人気がなくなれば何のために存在してるの?となってしまいます。 小室親子の金銭問題や良からぬ噂、眞子様の報道、秋篠宮様の発言を報道で観るたびに 愛子様に将来の天皇となってほしい、と思ってしまいます。

お礼日時:4/14 2:02

その他の回答(7件)

0

素人ですが、 確か、細胞の中に 染色体が 23対46本あって、この中の 1対2本が 性染色体で、男性の細胞の中の性染色体が XとYの形をしていて、女性の細胞の中の性染色体が XとXの形をしています。 Yの形の性染色体の中の遺伝子の遺伝子型(ゲノム)が 父親と息子は同じなので、両人のゲノムを比較すれば 実子かどうか わかります。 これが DNA鑑定です。 ただし、父親が 一卵性多生児の場合は、その内の誰が父親なのかは わからない。 この鑑定法は、ミトコンドリアによる母親の鑑定法が発見される だいぶ前に発見されています。

0

勘違いしておられるようですが天皇という地位は7世紀に考案され、日本という国はそのときに建国された国家です。 それ以前は建国神話ですからので、真実ではない。天皇は男系であるというのは、7世紀に天皇という概念に盛り込まれたもので、唐の皇帝を越える地位として姓を持たず易姓革命が起きないとされたのです。 また歴史的には南朝鮮を開拓したのは列島の倭人です。百済は倭国の属国です。新羅の実質的建国者も倭人です。 今上上皇がおっしゃったゆかりとは桓武天皇の母君高野新笠のことで、実態はただの下級貴族です。天皇の母親として箔をつけるためにすでに滅んだ百済の王族という血統ロンダリングしただけです。これにより百済の土地は日本が吸収合併したという物語になり、南朝鮮の土地の正当な支配者は日本の皇統だということになります。 長子相続、直系相続では直系がいなくなったとき、傍系に移す正統性が弱くなるので長続きしません。皇統が千年以上続いた理由は男系だったからです。男系以外で千年以上続く王朝は不可能です。

1

ミトコンドリアDNAが母系遺伝ですが、父系遺伝の遺伝子としてY染色体があります。このためY染色体を辿ることで男系先祖を辿ることが出来ます。母系しか先祖を辿れないというのは全くの誤解です。 最近ですとイングランド国王であったリチャード3世とその曽祖伯父であるジョン・オブ・ゴーントの男系子孫5人の間でY染色体が一致しないことが分かり、どこかの段階で系譜と違う父親の血統が混在したことが確かめられてしまいました。この混在した位置によりますが、最悪現在の英国王室はどこかで血統が途絶えてしまっていた可能性すらあると考えられています。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

精子を調べれば男系で辿れるよ。絶対にどこかで断絶してるけどなw

0

『先祖はははおやからしか辿れないのに』 と 『海外では性別に関係なく長子が皇位継承したり』 は矛盾してますね 先祖というのは両親どちらでも辿れます ただしこれは現代語での先祖の解釈で、古代の日本では男系こそ先祖だったのですよ 皇位継承は男系でしか出来ません ミトコンドリアDNAで家系図というより祖先を辿る事は出来ますが、突然変異があるので正確ではありませんし、個人の特定が出来る訳ではありませんから意味がありません 生物学の話と皇位継承の話は次元が違う話ですから混同するのは相応しくありませんよ

別に矛盾はしてないですよ。 科学的には遺伝子は母方しか辿れないので、 そこまで男系にこだわらなくても良いのでは?って話です。 古代の日本も、卑弥呼の時代等、最初は女系でした。