手持ちのメインカードを、クレジットカードカードからデビットカードにしようと考えています。

その他の回答(6件)

0

ダサいかどうかの判断は後回しにして。 1.デビットは誰のため? 2.解熱剤飲んでも風邪は治らん 1、銀行さん、デビットカードめちゃ推してますね。 https://www.resonabank.co.jp/kojin/visa_debit/column/column_visa_debit_0007.html りそな銀行の説明ですが、他行も似たようなもの。 でもこれはセールストーク、銀行の狙いは、 (1) 休眠口座を目覚めさせる (2) ATMを使わせない (3) クレカ勧誘ネタ切れ あたり。こういうデビットカードを勧める側の思惑は分かっておきたいところ。そのデメリットはあまり言わない。 2、「使い過ぎないからデビット」、これは果たしてプラスになるかどうか? 風邪で熱あるときにロキソニン飲めば、熱は下がりますが飽くまで対症療法。むしろ治るまで時間が掛かる。 デビットカードなら預貯金残高までしか使えない、使い過ぎない。でも、それも対症療法でしかない。 使い過ぎない経済感覚を身に付けたり、たとえ1ヶ月多めに出費しても、リカバリー出来る程度の預貯金を持っとく。 そっちの方が、長い目で見てプラスじゃないの?と思うのよ。 実際、現金主義でずっと来て「堅実」な金銭感覚と思われていた人が、退職金・相続財産・保険金など大金を目にして、いきなり浪費家になる例は、結構あります。 ダサいダサくないより、家計簿付けるところから始めませんか?と思いますが(^。^)

0

私は逆でした。 携帯電話の割賦契約で信用情報に傷がついていて 最近時効援用の手続きをしました。 それでも5年間は信用情報に記録が残るそうで ローンは組めない、クレジットも小さな会社 でしたら通るかもとの事で、楽天カードを ダメもとで作りましたが通りました。 クレジット作る前はもちろんカードは作れないので デビットカードを作ってそれで色々引き落としを しました。クレジットに似てますが要は ”都度払い”みたいなもので確かに買いすぎの 抑制にはなりえると思います。 ですがいちいち口座に入れないといけないので その手間がちょっと大変でした。けど心配なら 全然デビットでも問題ないと思います。 ”手間”があるから使いすぎを防げますし、 コンビニで使う時は”クレジット”扱いになるので そこら辺の心配はいらないと思います。 店員さんも、「うわ、こいつデビットかよー」 なんて思う人そうそういないんじゃないかなと。 そもそもあまり主流ではないので未だ ”デビットってなんぞや?”って人も多いと思うので。

0

以前、アメリカ生活をしていたことがあります。 基本、欧米での考え方は「クレジットカード → デビットカード」に変更という考え方ではありません。 「現金払い → デビットカード」に変更という考え方になります。 ですから、例えば食料品、衣類などの生活必需品はデビットカード。 また、旅行、高額品はクレジットカードと言う使い分けになります。 当然、利用頻度は「圧倒的にデビットカード」になります。 ですから、「ダサい」とか考える必要は無いです。 自分も昔も今もデビットカードとクレジットカードの両方を利用しています。 個人的にはクレジットカード、デビットカード、Suicaと現金があれば「他は特に必要無し」と考えてます(笑 余談ですが・・・ 一応、アメリカ人の財布の中だって「現金は今でも健在」です(笑

0

まぁ、ダサいですよね。 アメックス使う人と楽天カード使う人と、どちらが金持ちそう?と聞けば、ほとんどの人がアメックスと思ってしまうでしょう。私は、楽天カードと住信SBIのプラチナデビットなら、プラチナデビット使ってる人、つうだね~、と思いますが、そんな人はマレ。デビット?と怪訝な顔をする人がそれなりにいるものです。ステータスは実態ではなく、イメージですからね。 複数枚のデビットとクレカを持っていますが、メインはクレカです。 理由は「分けるのが面倒」だからです。クレカならすべての買い物で使えますが、デビットでは「ここは使える」「ここは使えないかな」と使う前にあたりをつける必要があります。 デビットのデメリットは、不正利用に対して、ですね。クレカもデビットも不正利用にあう確率、要素は同じです。デビットは不正にあうと、自分の預金がまず最初に消えますので、とても困ったことになります。専用銀行にして口座管理をしっかりして、残高を多すぎず、少なすぎず、常に管理が必要になります。 クレカの使い過ぎは心配なので、わたしはキャッシング0、リボ不可の設定にしています。必ず翌月に支払いしなければならないカードにしていますので、使い過ぎはできない、と自分で管理します。スマホですぐに来月の請求予定が分かりますからね、それほど難しくないです。