ID非公開

2021/4/15 10:05

44回答

(最近はあまり見かけませんが)ミステリードラマや小説で「雪山で孤立し殺人事件が起こり、

小説 | ドラマ34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

作者の知識や小説のどこに重点を置きたいかなどが関わってくるんですね、確かに日常の延長線として書きにくいですよね…。 他の皆様もありがとうございました。

お礼日時:4/16 20:57

その他の回答(3件)

0

新田次郎が『雪に残した3』『疲労凍死』『赤い雪崩』などたくさん冬期の山岳ミステリーを遺してます。今でも一つ間違えれば無謀な計画による遭難やホワイトアウトはあるでしょう。厳冬期の雪山は二次遭難の危険があるため天候によって救助は困難となります。冬山の危険を知り尽くした人でないと現実には書けないと思います。

0

条件によるかと。 ヘリコプターが直ぐに来れるなら1~2日だろうし、近寄れない様な場所だと、重機で瓦礫や雪を除けながら救助に行かなきゃいけませんから、その分時間がかかるでしょう。 この手のミステリーが減ったのは携帯電話の普及が要因かと思います。 現在だとドコモ等のキャリア契約なら山奥でも普通に通話ができます。

0

天候の回復待ちですね。ヘリでも徒歩でも悪天候だと救助には行けませんから。