ミャンマークーデターで質問です。勧善懲悪は無いと思うのですが、比率的に誰がどう悪いのか教えてもらえないでしょうか?

国際情勢 | 世界史130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方の回答も見て複雑な話だとは感じます。しかし21世紀ですから出来る限りイデオロギーがどうであれ虐殺などは防ぎたいですね。 皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:4/17 21:55

その他の回答(3件)

0

ミャンマー軍も銃弾つきたら 国民に対して射撃できませんから、 とりあえずミャンマーへの武器弾薬の 供給を止めるべきですが 中華やロシアが儲かるからと平気で 武器弾薬を売りつけている始末です。

0

関わる国や民族や宗教によって千差万別なのですね。 ミャンマー軍に言わせると 「2か国を除いた国でどのようなアクションを起こす」というのが「悪」になりますもの。ミャンマーという国に外国の勢力が影響力を行使するのですか?どういう形であっても、たとえ「市民」を救うというような事情であっても「悪」になり得ますよ。 「英国による植民地支配の影響をいかなる事でも駆逐する」というのがミャンマー軍にとっての重要な大義になっていますからね。 クーデターなんて気にせずにアクションを起こさない、というのもベターな選択かもしれませんよ。中国をはじめとした周辺諸国はクーデターにしろ、ロヒンギャ虐殺にしても、それほど気にせずに静観していますよね。「植民地支配の悪夢」は周辺諸国の共通した事案ですからね。まぁ日本政府は経済制裁なんぞに乗り気では無いですし、企業は投資を続けたいところなのでしょうが。「日本許すまじ、経済制裁に参加しないなんて」といきり立ってヤカラを入れてきますからね国際社会とやらが。 スーチーを打倒したクーデター軍の口上の一つが「スーチーと中国との癒着」だったりしますので。「ミャンマーという国に外国の勢力が影響力を行使」というのは中国であってもギルティなんですね。軍に対峙している「市民」側も軍部と中国との癒着を批判して中国系の工場を襲って放火したりしていますので。「植民地支配の影響の駆逐」「外国の影響力を排除」というのは軍部だけでなく、少数民族武装勢力や民主主義という麻薬に酔った市民以外のミャンマーの普通の市民にとってはミャンマー国民なら悲願にしていて当然の事だったりするわけです。

0

非武装の自国民に銃を向け発砲する国軍。その「国」には、意に沿わない人間は無用で抹殺しても良いらしい。国軍という名は返上すべきでしょうね。私軍?武装集団?やって良いことと悪いことの見極めができないらしい。 小ポルポト軍って呼び名こそがふさわしい。ダメでしょ「国軍」は。