ドッキングステーションとポートレプリケーターの違いを調べてもわからなかったので教えてください。

工学 | 周辺機器12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

理解できました!

お礼日時:4/19 20:59

その他の回答(2件)

0

定義としては、前の方々のおっしゃる通りだと思います。 ユーザ目線でいうと、外に持ち出すのに、ひたすら軽く薄くつくったサブノートPCというのを、ドッキングステーションにのっけると、AC電源がつながって、電池では苦しい光磁気ディスクが使えるとか、有線LANに接続できるとか、モニタ出力ポートがあるとか、デスクトップもどきとして使うアイテムかも。パラレルポート利用のプリンタのポートもあったかな? 最近はUSBが有能なので(ブルーツゥースもあるしねえ)、ドッキングステーションのありがたみが感じられない気もすこし。

2

多くのドッキングステーションの機能の一つにポートレプリケーターがあります。 意味だけ考えるとドッキングステーションはノートPCやスマホなんかにドッキング(合体)して拡張する機器という意味なので、たとえばポートレプリケーター機能がなくてもドッキングステーションを名乗ることは可能です(そんなもん売れないと思いますが…)

2人がナイス!しています