ID非公開

2021/4/16 10:24

99回答

音楽教室の生徒について

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/19 17:46

貴重なご意見いただき、ありがとうございます! こちらから根気よく笑顔で挨拶し、ゆくゆくは挨拶できるだろうという待ちの姿勢でいることにします。 お母様にはレッスンが始まるときにお部屋から出ていただくか、帰っていただくか、どちらかをお願いしてみます。「自分でやらなきゃいけないんだ」と気づかせるのが大切ですね。 そして少しでもできるようになったらたくさん誉めてみます。 おっしゃるようにいろいろなお子さんがいるので戸惑いがありますが、 その分少しでも成長が見えると嬉しいですね。 おかげさまで前向きになれそうです。 ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的なアドバイスをいただき、大変勉強になりました。 ありがとうございます!!

お礼日時:4/19 18:04

その他の回答(8件)

0

幼児教室で講師をしております。 教える事は違えど、指導する立場から私の場合は…という事で回答させて頂きました。 そういう親子さん、最近多いと感じております。 特に私が働く教室は小規模なので、集団でそれでやっていけないという理由から、余計に多く感じるのかもしれませんが。 どなたかの回答に信頼関係という言葉がありましたが、私はそういう親子さんの場合「お子様はお預かりにさせてください」といつも言っています。 その時間、そのお子さんと私、あるいはお子さん数名と私というだけの人間たちの中で、「ここでは自分だけで頑張らないといけない」「でも楽しい」という時間を作る事にしています。 そしてお迎えの時は、お母様にどういう事をしたのか、お子様がどうであったかというご説明をさせて頂くようにしています。 お母様がいらっしゃらない状況でお子様がどうなるかは、お母様は案外ご存知なく、お母様がいらっしゃらなければ頑張れる子が殆どなんです。 だからそれをお伝えする事で、お母様にも手を少し離して頂きたい事や、彼・彼女の頑張りがここにはあるという事で、自立していく事を「信用」して頂いて進めています。 ただ質問者さまの場合バイオリンの先生ですので、挨拶や自立を教えるお教室ではない分、バイオリンのレッスン以外の部分でどこまで講師として伝えるかが難しいところだなと思いました。 2人だけの空間にした時に、挨拶や準備もバイオリンの始まりだという事で、楽しく本人が頑張れるように…厳しくしても褒め上げて自信つけてあげて…というくらいしか思い浮かばないのですが、そういう離れる時間を作る事で見えて来るものもあるのかもしれません。 あとはお母様の素質の問題ですから、習い事先でお菓子を食べさせる親御さんなので…と思い、ある程度のところまではちゃんとやったとしても、どこまで伝わるかは分からないので、最後は諦めも大事だと思います。 やる事はやった…でも合わない…そういう時は親御さん側も合わないと思っていると思うので、別の誰かなら合うかもしれないという諦めも、最後の最後には必要かなと思います。 もちろんそこまでいかないように、こちらも努力は最大限しますが、最近の親御さんは「怒らない主義」「過保護じゃなくて過干渉」「子供を特別扱い」が多いので、その接し方にストレスを抱える講師もいます。

ID非公開

質問者2021/4/19 15:57

貴重なご意見をいただき、ありがとうございました! やはり親御さんに、次回レッスンからは生徒さんをお預かりさせていただくか、準備や後片付けのときは娘さんから少し離れて見ていただくだけにするか、などをお願いしてみます。 生徒さんの親御さんときちんと向き合わなければ、と感じました。 たかだか習い事の講師ですが、音楽以外の部分、挨拶をしっかりすることや自分でできることは自力でできるようにすることの大切さも伝えていきたいですね。「自立ができるようになったこと」で、生徒さんの自己肯定感もあがると思いますし。 ただ、おっしゃるように最近の親御さんは「怒らない主義、子供を特別扱い」だとということはすごく感じますね。

0

仕事としてバイオリン講師をしているのなら、割り切りましょう(お金を運んできてくれる親子だと思って) 私の先生(友人の好意)なんて、以前少し気が乗らない雰囲気を感じた時に「嫌なら止めてもいいんですわよ、でも、私の貴重な時間を無駄にするのですから道で会った時も挨拶は無用です」ですよ(一種の絶交宣言) いやあ、意地でも止められません(ホントは練習が凄く楽しい、上達が実感として感じられるから(笑)、、、下手ゆえの特権ですね(大笑))

ID非公開

質問者2021/4/19 16:02

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます! やはり、ときには仕事と割り切ることも大切ですね。 「この生徒のいろいろな部分を伸ばさなきゃ」と力が入っていたので、 「お客さんだからいいか」と思うことにします。

0

小学校入学前は保護者同伴は当たり前で、言いたいことは 保護者に言いましょう。それで不快感を表すようでは 幼児教育は成り立ちません。

ID非公開

質問者2021/4/19 16:04

貴重なご意見いただき、ありがとうございます! やはり保護者さんとまず協力してやっていくことが大切ですよね。 勉強になります。

0

別の楽器を教えていますが、普段コロナの影響を感じています。 質問からはお母様の緊張が強いのかなと。今までは他の家族がどのように理解をしてくれているかを訊ねると、打ち解けにくい御家庭でもだんだん合わせて下さっていました。コロナ後はお子さんに接触しないといけない場面でもピリピリというか警戒されている感じがありますね。レッスン自体がスムーズならそれでもよい方ではないでしょうか? 年長さんの挨拶ですが、最近は非接触式の体温計を手に近づいてピッ!とか言うと年長さんもつられて笑ったりモジモジしたりです。後ろ向きでこんにちはが言える日もありますが、視線の先は母親か、姿見なのでまだ社会性が育っていないのだと思って毎回顔がこちらを向いたタイミングではじめの挨拶を一方的にしていますね。 お菓子は許可するとキリがないですよ。間が持たないと思われた保護者はこどもがぐずりだした時にだいたい外に出て行かれています。たぶん家に帰ってから兄弟げんか?になるのだと思います。一応こども達には「お菓子はお家で食べてね」と言い、その代わり未就学児向けの絵本などは用意しています。

ID非公開

質問者2021/4/19 16:11

貴重なご意見いただき、ありがとうございます! 時代が変わってますし、年長さんの子に挨拶を求めるのは酷ですかね。 反抗してくるタイプではないですが、話しかけてもほとんど無言、レッスン中にテキストに絵を書くなど、あまりレッスンはスムーズとは言えないかもしれません。お絵かきはさすがに親御さんも注意していましたが。 弟くんのお菓子はこれ以上続くなら注意してみます。「レッスン中はやめよう」とシンプルに言ってみます。 絵本はいいアイデアですね! 静かに遊びながら待てる道具を、何か持ってきていただくことにします。

0

ルールは守らせるべき。 と言う立ち位置で、部下を指導していたんだけどね。 で、そのためには、何故、そのルールが決まったのか。 守らないと、どうなるのかを説明して、理詰めで対応したんだけど効果が無い。 見ていないところで、やらかすんだよね。 逆に質が悪い。 なので、今度は、何故ルールを守れないのかを分析したんだけど、まあ、なんつーか。 思った通りにやれないと不安なんだなと。 んじゃ、分かった。 トラブった時は、守ってやるけど、その原因は必ず一緒に考えて、対策も決めよう…。 てな感じに切り替えたんよ。 で、分かったんだわ。 ルールを守らせたければ、大切なものは、何か。 それはね。 信頼関係。 まず、ここから始めなければ、相手の心は動かない。

ID非公開

質問者2021/4/19 16:14

貴重なご意見いただき、ありがとうございます! 「守ってやるけど、その原因は必ず一緒に考えて」のお言葉がすごく心に残りました。 相手の心が動くような声がけ、対応の仕方をじっくり考えて実行してみます。