回答(4件)

2

オリンピックを中止する権限ははIOC(国際オリンピック委員会)にあります。 開催国は辞退できますが、そしたら開催国の契約違反で違約金が発生すると言われています。 しかし、これに関しましては 日本から中止を宣言した場合でも、 日本だけでなく世界中で、広く経済活動等の制限が要請・指示・勧告されているような状況であり、 五輪中止は天災という不可抗力によるものであるため、 日本に責任はない不可抗力であることを理由に、違約金の契約を全うする必要はない。 という説や、 天災・戦争・内乱といかなる理由であれ日本から中止を宣言した場合は違約金を払わなければならないという契約をした。 と、知恵袋で答えている人もいました。 色々な都市伝説があります。 実際、この件に関しましては公表されていないので、真実はわかりません。

2人がナイス!しています