25日平均線を突破するとなぜ株の買い時なのか

株式 | 資産運用、投資信託、NISA41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

ハッキリ言うとあまり意味がない その買い時を妄信するとおそらく 痛い目に遭う方が多いと思う MAの性質上、「25MAを越えてきたら」 ってのは当たり前の話だが いつでも買い時になるワケじゃない 逆に言えば、 「25MAを越えてこないと上がらない」 ともいえるので、いいタイミングを 自分なりに探せばいいんじゃないかな

1人がナイス!しています

1

株価は上がったとおもったら、下がる、下がったと思ったら上がるの繰り返しで 今どちらの方向に向かっているのかを判断しにくいものとなっています。 そこで目安になってくるのが移動平均線です。5日よりも25日線のほうが長期の平均値から引かれている線ですからより信憑性がまします。移動平均線は魔法の線でもなくかんたんに言えば単なる平均値ですから、質問の通りなぜこれを超えたらとおもうのもうなづけます。 質問の答えですが 理由のひとつは多くの投資家が気にしている線であるということでしょう。誰がのかいがはいるであろうから、買うのです。だから上がるということが言えます。 もう一つは株価の方向性です。株価は冒頭で述べたように上がったり下がったり うねりますから、もし上がる株という前提で言えば、買うタイミングとしては下がっから、上昇気流を捉えて買うのが一番良いわけです。下がってから買う方法で失敗するのは下がりきってないのにかってしまってさらに下がることが一番多い失敗です。しかし25日線を下から上に付きあげるということは少なくとも下がりきってないという自体は避けられる可能性が高く、また株価も上昇気流にのっている可能性があると判断しやすい局面といえるとおもいます、だから買いといえ意味がでてきます。 しかしながら当然それをさかとにとってくるケースもありますので絶対とは言えません。 ですので、25日線は万能ではないのです。 今どの状態にあるのかひと目でわかるぐらいに、しておくのよいかとおもわれます。

1人がナイス!しています

0

理由はありません 25MAを突破したら上がるというアノマリー も嘘です。 25MAを突破して上がって行くというのは 何か別の投資根拠があって上がって行くのです。 MA信者の投資行動などとるに足らないものです。 何か別の投資根拠がなければ突破すると下がります。 25MAを突破するという事はその25日間の株価の 中央値付近を上抜けたという事であり、25日間に 取得した者の半分以上が利益が乗っているという事に なります。 全く何にも他に投資根拠がなければどうなると思いますか。 利益確定の売りが優勢になって下がるでしょ。 相場は常に何かの根拠があって上がり下がりを繰り返しますが 常に行き過ぎたレートを戻そうとするのがデフォです。 ~春麗・はるうらら~

1

抵抗線を上抜けしたから。 つまり株価を抑えつける抵抗力が弱まるから。

1人がナイス!しています