算数で子供の時、納得いかなかったのが、割り算で 割り切れない、という事が、不思議で納得いかず、算数嫌いになったのですが、

数学587閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

3人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

質問者様が悩んでいるのは、おそらく近似という概念でしょう。 例えば10÷3=3.3333…となり、数式上は、割り切れることはありません。 したがって、10cmの長さの直方体のケーキを100%正確に3等分はできません。 ここでのポイントは「100%正確に」という点です。 極端な例ですが、10cmのケーキを 3.3333cm、3.3333cm 、3.3334cm に分けたとしましょう。 確かに、数式上は3等分ではありません。 しかし、上記のようにケーキを3つに切ったからといって、「1人だけ0.0001cm長い。不公平だ!」というような争いが起こり得るでしょうか? (そもそも人間の視力で0.0001cmの長さを見分けるのは不可能でしょう。) 10cmの長さからすれば、0.0001cmはあってないようなものです。 無視しても差し支えないでしょう。 このように、極めて微小なものを無視(=0)することを近似といい、この考え方を導入すれば、数式上では等分割不可でも「ほぼ」等分割できます。

ありがとうございます。 例えば、10センチの糸があり、三等分にするとして、その地点は物理的には、必ずあるわけで、数学的にはない。という事であれば、 数学と物理の矛盾なのでしょうか? ぜひお教えいただきたく、お願い致します。

0

よく読んでますか? 整数にした時に割り切れないだけで小数点以下を使えば表すことは出来ますが、ここは少し難しいので省略します 869は 3のかたまりが289個と余りが2です つまり 869÷3=289あまり2です ちなみに3で割り切れるかどうかは、全部の位の数を足すと分かります 足して3の倍数なら割り切れます 8+6+9=23で3の倍数では無いので割りきれません

すみませんが、もう少し教えていただければと。 23センチの糸を三等分にしろと言われれば、物理的にはできるのではないでしょうか?い三等分になる地点がるのですから?

2

算数で「割り切れない」というのは、商を整数にしたとき、余りが出ることをいいます。 14÷2=7 余りが出ない・・・割り切れる 15÷2=7余り1 余りが出る・・・割り切れない 15÷2=7.5 15センチの糸を半分にすれば7.5センチです。 これは「割り切れない」とは関係のない話です。

2人がナイス!しています

ありがとうございます、 しかしながら、869÷3は割り切れないのですが、 どうしてでしょうか?ぜひお教えいただければ、勉強になります。 ご返信お待ちしております。

3

割り切れないというのは商が整数にならないというだけです。十進法という計算法を使うと当然起こる事です。物理とは関係ありません。

3人がナイス!しています

ありがとうございます、 しかしながら、869÷3は割り切れないのですが、 どうしてでしょうか?ぜひお教えいただければ、勉強になります。 ご返信お待ちしております。