新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

包丁に詳しい方ご回答お願います。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

通販ということになれば e刃物comあたりで製品を選び、価格.comで安いサイトを見つけて購入するのが安く買える作戦の一つかと思います。

1人がナイス!しています

1

鋼の包丁は高価なものでも水分が有れば錆びます。 酸や塩分にも弱いです。 使った後はクレンザーでこすり洗いしてお湯で流してきっちり拭いて乾燥させればOKです。 ステンレスは錆びにくいという点では圧倒的な便利さが有りますが、鋼の様なサクッという切れ味じゃなくスライドさせて切れ込みが入ってからスーっと切れる様な感じですので、違和感が出ると思います。 研ぎたてならステンレスでもサクッという切れ味なので、頻繁に研げば鋼の様な切れ味は維持できると思います。

1人がナイス!しています

4

通販で包丁を買うデメリットは、手に持った感触、たとえば 柄の握りやすさとかバランスがわからないことです。 神経質にならなければ、「慣れ」が解決してくれると思いますが。 amazon、楽天、メーカーの直販もありますよ。 鋼が錆びるのは材質のせいなので、高い包丁だから錆びない などということはありません。 高い鋼の包丁より安いステンレス包丁の方が錆びにくいです。 ステンレスも、まったく錆びないわけではありませんが、 鋼より錆びにくいのは間違いないです。 一部の硬いステンレスを例外として、ステンレスだからといって 研ぐのが特別に大変なわけではありません。 手間がかからず気楽に使えるのはステンレスですね。 包丁は、ふつうに使うかぎり、10年でも20年でも使えます。 2万円の包丁が5000円の包丁の4倍長持ちするわけではありません。 砥石で研げば、どちらも十分な切れ味を発揮するはずです。 長く使えるかどうかは、切れなくなったとか壊れたではなく、 使う側が「飽きた」とか、誰かに「そんな安もの使ってるの?」 と言われて「嫌になってしまった」とか、 そんなことの方が多いみたいです。 私にとって包丁は実用品でしかないので、1万円以上もする ミソノ、グローバル、正本、藤次郎、堺○○などのような 高級ブランドを選択肢に入れないのですが、予算があれば 2万円でも3万円でも、使う人の価値観でいいと思います。 貝印やツヴァイリングは、大メーカーだけあって安くて確かな 製品を作っていますけど、爪切りやひげ剃りも作っているから イヤという人もいます。 自動車にたとえると、軽トラ作っているからスズキはダメ、 ミニバンのあるトヨタは嫌い…みたいな。 そうなると、セダンはロールスロイス、スポーツカーは フェラーリしか残らなくなっちゃうのですけどね。 だから、実用性を越えたところでの包丁選びとなると、 その人の感性に左右されるところになってしまうので、 すごくオススメしにくいのです。 私がいいなーと思うのは、せいぜい5000~1万円なので、 そんな安ものなんか使いたくないと言われるのが関の山 かもしれませんから。

4人がナイス!しています

1

私は、包丁を研ぐことを趣味の一つと致しましてある時期からネットショップのアマゾンを利用致して居ります。 ハガネの包丁とステンレスの包丁の違いは錆びる(高いものでも)か錆び難い(高いものほどハガネほどではございませんが錆び易い傾向にございます。)かの違いと返り(砥石に当たりました刃先の反対側にできます金属のめくれ)が取り易いか取り難いかの違いがございます。 砥石で丹念に研ぎ上げますとメーカーや鋼材(刃物用の鋼材)価格に関係なく、ご家庭でお使いになられます程度でございましたら大して違いはございません。 したがいまして、私がお薦め致して居ります包丁は、食材を切る持ち方を致しました時に違和感なく(重さや刃渡りも含め)手に馴染むものでございます。 それをお使いになられる方が切り易い刃先に自ら研ぎ上げました包丁がベストな包丁と思って居ります。 ステンレスはハガネよりも返りが出易く取り難いので、丁寧に返りを取りますとハガネの包丁と大して違いはございません。 シャプトンの砥石は研削力が高いのでハガネよりもむしろステンレスに最適な砥石でございます。 ご参考までに、私が購入致して参りました包丁の中でベストと感じました包丁は、 ツヴァイリングヘンケルス ツインプロHB 牛刀 20cm 全長=334mm、重さ=184.3g 刃渡=199mm、刃幅(刃元)=45mm、背厚(刃元)=2.18mm 材質:ブレード=スペシャルフォーミュラスティール、グリップ=ABS樹脂 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0J-A-%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%B9-Zwilling-J-A-Henckels-30651-200/dp/B000UDLGNC でございます。 これもなかなかと感じましたのは、 吉田金属 グローバル G-2 牛刀 20cm 全長=325mm、重さ=168.4g 刃渡=200mm、刃幅(刃元)=46mm、背厚(刃元)=2.02mm 材質:ブレード=クロームモリブデンバナジウム鋼、グリップ=18-8ステンレス https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB-%E7%89%9B%E5%88%80-%E5%88%83%E6%B8%A1%E3%82%8A-20cm-G-2/dp/B00005OL44 でございまして、グリップに多少違和感がございましたが、購入致しましたままの状態で私の研ぎ方にそっくりな刃先となって居りまして、最終仕上砥で軽く刃先を研いだだけで好みの切れ味になりましたものが ミソノ UX10 牛刀 No.712 21cm 全長=340mm、重さ=164g 刃渡り=214mm、刃幅(刃元)=43.16mm、背厚(刃元)=1.86mm ブレード=スウェーデン製ピュア・ステンレス鋼、グリップ=積層強化木 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%83%8E-UX10-%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E9%8B%BC-No-712-21cm/dp/B000XSX8IA でございます。 m(^=._.=^)m

1人がナイス!しています