ベーシックインカムについてです。

政治、社会問題 | 税金85閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

・北海道はあるかもしれませんが、他の地域はかなり少ないと思います。多くの人は家賃3万円未満の家は見つからないと思います。 あと、前提として、所持金0円の状態からベーシックインカムが始まるものとして考えさせてください。ですので、家や土地を買うことは出来ませんね。 ・法人税を下げると日本企業が逃げる→その通りだと思うので、法人税増税の提案は撤回します。 ・消費税増税すると生活がかつかつになる→20%くらいではかつかつにならなくないですか?10%でもある程度余裕のある生活が出来ているので。 ・娯楽一切やめても、家賃3万円、食費2万円、電気光熱費1万円、携帯代7000円、Wi-Fi代金3000円、雑費2000円と仮定すると7万円超えます。

その他の回答(5件)

0

私も7万円では足りないと思います、最低10万円は欲しいところです AIやロボットの発達で、今後働けなくなる(収入がなくなる)ひとが増えますから形だけじゃなくてしっかり生活出来る程度の額の支給が必要になると思います

0

ベーシックインカム(定額の生活費等の支給と思います)も、公共的なサービス(社会保障など)も、バランスには全て同額の国民負担が必要に成るので、負担と支給で考えて良い方法に成ればと思います。 例えば、ベーシックインカムにすると、働く意欲が低下するのでないかとの意見もと有りますが、税収が減ると、ベーシックインカムも難しく、ベーシックのレベルを下げることに成りますね。 自助努力(収入増や節約等)の方が効率的と思うので、ベーシックインカムには賛成でありませんが。例えば、国民年金だけをベーシックインカム(税金での負担)するのですと、効率は良いかも知れませんね。 どちらにしても、ベーシックインカムに必要な財源に、税収が必要ですね。 税収を増やすには、人材育成も必要ですので、所得税を増やす等は難しいですね。

自分もそれは分かります。 自分的には、ベーシックインカムはしなくていいので、生活保護を誰でもとれるようにしてほしいです。扶養照会や障害の有無ではなく、失業したら速攻生活保護が取れ、次の仕事が見つかるまでもらえるような生活保護になってほしいです。

0

基本的にはBIに賛成します。 乳児からご老人まで、全ての国民に月10万円+αくらいを目標にしたいですね。 世帯人数が増えるとその分世帯収入も増えるので、少子化対策になると思います。 大学までの教育費無償化もして欲しいですね。 財源は、基礎年金と生活保護、雇用保険などの廃止とそれに伴う行政のスリム化。 相続税と贈与税を100%にする。 大企業の法人税の外形標準課税を拡大。 所得税の累進課税強化などです。 基本的には、スタートライン(生まれた時)での格差を是正して、チャンスはより平等にすることを考えています。

ちょっと補足します。 BIの議論で必ず挙がるのは、働かない人が出てくる話ですね。 しかし、私はBIが現実化する頃には、働けない人が沢山出てくると思っています。 かなりの業種のかなりの労働者は、そう遠くない将来には、ロボットやAIに置き換わるであろうと思っています。

2

ベーシックインカムとは、「働かなくても生活できる社会を作る」のではなく「お前らに老後は無い!死ぬまで働け!」という制度です。 少子高齢化による労働者不足を解消することを目的としているので、ベーシックインカムで働かない人が増えたら本末転倒なのです。 ですので、ベーシックインカムだけで生活できる金額設定にはしません。 ベーシックインカムが導入されると、年金や生活保護は無くなります。

2人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

資産税もやらないと無理だろう マイナンバーがあるから やり易いな