宅地建物取引士(宅建)試験と、管理業務主任者試験ってどっちが難しいですか?

資格 | 不動産42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

宅建士の合格率は15%ほど、管理業務主任者の合格率は22%ほど。 問題も管理業務主任者の方が易しいと思います。

0

範囲の広さは、宅建の方が難しいと思います。管理業務主任は科目は沢山ありますが、結局のところ 区分所有法 標準管理規約 適正化法 と関係性が理解できると、楽に覚える事ができます。

0

これは、人によって感じ方が分かれますね。 個人的には、管理業務主任者の方が若干難しいのではと思います。 特に、管理業務主任者独特の論点の、設備構造や、維持保全などは かなり専門的で、私自身もかなり難しく感じます。 両試験とも、問題形式と試験時間は全く同じ、4択の50問で2時間、 また、受験資格なしで誰でも受けられる、など共通点が多いですが 合格率は例年、宅建が15%、管理業務主任者が21~22%。 ただ、実際の受験者は、管理業務主任者の方が、宅建の合格者や、 マンション管理士とのダブル受験などが多く、宅建よりも受験者の レベルは高いというふうにも言われています。 単に合格率だけで、試験の難易度は比較できないといういい例だと 思います。