福島原発処理水を海洋放出で風評被害が出ているのはマスコミの責任だと言う人がいますが、菅総理が海洋放出を決定したあとに、

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

昔、朝鮮人が井戸に毒を入れたとマスコミが騒いでたね。 似たようなもんさ。

0

朝日嫌いで貶めたいのでしょうけど、その記事は的外れですね。 朝日自ら論を述べているのではありません。 国連特別報告者がそのように報告したことは事実であり、あくまで事実を記事にしているだけです。 これをマスコミの風評被害の責任だとするならば、反対意見は一切記事にできないことになります。

0

https://www.newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/04/post-7_1.php Newsweek 原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 <「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許してはならない> 4月13日、日本政府は、福島第一原発の冷却に使われていたトリチウムなどが含まれる汚染水を、貯蔵タンクの容量が限界に達しつつあるとして、再処理したうえで海洋放出することを決定した。しかしこの決定は国内外に波紋を広げている。 「トリチウム水」だから問題ない? 政府によれば、海洋放出される処理水にはトリチウム以外の放射性核種はほとんど含まれていないという。トリチウムは水から分離することが技術的に難しく、また体内に取り込んでも出ていきやすいので、大きな健康被害は起こりにくいとされている。そのため、海外での原子力発電所でも「トリチウム水」の放出は行われている。だから問題ないのだ、と日本政府は主張している。 しかし問題となっている汚染水は、2018年、他核種処理設備ALPSでの処理を経ているにもかかわらず、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131などトリチウム以外の放射性核種が検出限界値を超えて発見されたという経緯をもつ。それまで東電は処理水内のトリチウム以外の核種は検出できないほど微量であると主張しており、データが存在していたにもかかわらず、それを説明しなかった。これによって政府・東電の信頼性は大きく損なわれ、海洋放出の決定は先延ばしになっていた。 福島原発事故を経て、大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は、他国で通常運転している原子力発電所から排出される処理水とはまったく性質が異なるものだ。東電は2020年末に試験的な二次処理を行い、トリチウム以外は基準値を下回ることに成功したと発表した。しかし、海洋放出を予定している2年後までに、再処理がトラブルなく間に合うのかはまったく不透明だ。 汚染水の海洋放出が決定された同日、経済産業省はALPS処理水の定義を変更し、「トリチウム以外の核種について、環境放出の際の規制基準を満たす水」のみを「ALPS処理水」と呼称することを発表した。ということは現在、基準値を超える核種が検出されている汚染水は「ALPS処理水」ではない。また、「規制基準」をクリアする方法を、「2次処理や希釈」と表現しており、二次処理を経ずとも希釈により基準値を下回ればそれでOKとしているとも解釈できる。少なくともこうした先行き不透明な状況で、「海洋放出されるのはどこの国も流しているトリチウム水だから問題ない」と説明するのは不正確だし、「捕らぬ狸の皮算用」でしかないだろう。 続きは、リンク先で確認してください

東電 2018年 トリチウム以外の核種は検出できないぐらい除去できました →嘘でした 東電 2020年末 トリチウム以外の核種は基準値を下回ることに成功した そんなものは、ほかの原発で言われている『トリチウム水』と全く別物、安定的に動くかどうかもわからん 条件のいいところで、動かして、うまくいきましたとか言っているだけだろ そもそも、東電のデータを鵜呑みにすること自体、非科学的 東電がまともなら、原発事故など起こさんね 捨てるなら、東京湾でやれ

0

福島原発が爆発して、原子炉内の燃料デブロが飛び散ったり、落下してどのような常態なのか把握できていません。そして、その上を地下水がとおり、汚染水としてタンクに保管されています。この汚染水と、通常運転で出る汚染水と混同してはいけません。デブロで汚染した水には、高濃度のトリチウムの他にヨウ素129(半減期1570万年)、セシウム135(半減期230万年)、炭素14(半減期5700年)等の放射性物質が混在しています。このような物質の存在を東電や政府は明らかにせず、処理水だ等と説明しているのです。このような東電・政府の不誠実な対応は看過することはできませんよね。トリチウムといってもデブロを経由した高濃度の物質ですから、海洋放出することはできないと思います。きちんと有害な物質を取り除いて、かつ、科学的な検証・立証・説明・納得・説得を得た上でことをなすべきだと思います。