回答受付が終了しました

朱元璋は一介の庶民から中国全土を統一し国を作った皇帝として知られていますけど、

中国史69閲覧

回答(5件)

0

出自からいえば、奴隷の身分から後趙を建国した石勒や最貧民の身分から劉宋を建国した劉裕の方がより低い身分から皇帝になっています。まあ、中国の半分以上を支配しただけで天下統一はしていませんが。

0

同じ農民なら劉邦も農民出身ですが、彼の家はそこそこ裕福な農家であり、劉邦がガチなニートでも食えたのは実家が安定してたからです。そもそも彼は亭長になる前はゴロツキで、その時の人脈で亭長になれたようなものです。 対して朱元璋は自分以外の家族は流行り病か飢餓で死に、一応生まれは庶民ですが早い段階で乞食坊主でした。彼自身はその出自を激しく嫌っており、それを指摘するものは容赦なく処刑しました。 劉邦も朱元璋も共通しているのは皇帝になった後に猜疑心が強くなったことです。これはかのスターリンや毛沢東もそうですが本来権力とは縁のない生活から権力を得るとそれを奪われないために周りを疑うという権力者によくある病気です。 ただ朱元璋は皇后である孝慈高皇后馬氏を深く愛したことと彼女が人格者であったことから彼女が存命時は表に出なかったのですが彼女の死後粛清が相次ぎました。 ただ家族を深く愛したことから家臣へはヤバイくらいに疑ったのに家族は100%信用(ただし皇后以外の妃へはあまり扱いがよくないことから血の繋がりを重視したかも)したことから軍隊を与えたことから死後に内紛が発生しました。

0

劉邦もなかなかですよ。彼の家は、朱元璋の家とは違って極貧ではありませんでしたけど、彼も一般の農民の子でした。 しかし、彼は秦の役人でもありました。秦の始皇帝の墓作りをする人夫を咸陽まで運ぶ間に人夫に逃げられ、秦に捉えられて罪人にされてしまうところ、仕方ないので逃亡したという過去があります。逃亡者ですから、日陰者です。秦の時代は、衆飲が禁止されていたのに、彼が酒を飲んでいると、人が集まってくるという厄介者でした。犯罪者の要素満点だったのですが、秦には捕まらず、逃げ遂せました。秦の支配は意外と粗だらけでした。始皇帝暗殺を企てた張良も捕まっていませんし。 朱元璋は、別に犯罪者ではなかったようですね。お寺に保護されて、教養もあったそうです。劉邦の時代には、お寺がなかったので、教育も受けられず、文字も読めなかったという話があります(楚の字は読めたけど、秦字は読めなかったとか?大人になってから文字が変えられてしまったので、大変だったことでしょう。)。秦の役人だった時には蕭何が助けてくれたので、何とかなったそうです。 朱元璋がすごいのは、見た目が悪かったようです。見た目重視の中国で貧弱な容姿で出世したのだから、すごいと思います。劉邦は、見た目が悪いという話はありません。 その他、奴隷から五胡十六国の後趙(分裂王朝)の皇帝になった石勒がいます。少数民族の羯人でした。

0

大出世という点では朱元璋が№1でしょうね。 漢を興した劉邦も名もなき身分からの出世者ですが、反秦の旗揚げをしたころは地方の小役人になっています。 一方、朱元璋の方は貧困と飢餓で出身家族が餓死、離散にあい、彼自身生きるか死ぬかの毎日を過ごしていました。 やはり朱元璋の方が大出世ですね、