ID非公開

2021/4/19 2:59

22回答

歌い手をやるためにマイクとオーディオインターフェースを買おうと思っているのですが、

DTM | オーディオ28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明、ありがとうございます。

お礼日時:4/19 21:27

その他の回答(1件)

0

オケを再生して、それに声を重ねて録音する場合に、ループバックが必要になります。この場合は、オケと声をリアルタイムで同時に録音するので、音ずれは全く発生しません。 すでに録音したオケに声を重ねる場合は、ループバックは関係ありません。 その場合には、オケを聴きながら録音すると、録音がオケより遅れて録音されます。 解決方法は2つあります。 一つは、オーディオインターフェースとASIOドライバーの性能が高いものを使えば、遅延は数ミリ秒以内におさえられるので、実質問題になりません。 もう一つは、Audacityなんかで使える方法ですが、あらかじめ遅延を計算に入れて、録音したものをタイムシフトします。ちゃんと遅延時間を計測すれば、実質的に問題なくなります。 上の方法は、当然ASIOに対応したオーディオインターフェースとDAWがなければできません。 下の方法は、ASIOに対応していないほとんどのUSBマイクなんかでも使える方法です。