応用情報技術者試験を日曜日に受けました。微妙ですが、もし受かっていたら別の何かを秋に受けたいと思います。

資格 | プログラミング43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

他の方が挙げている二つの高度情報は残念ながら、秋には実施されません。今年度から春実施になったので。 情処に拘るなら、秋に実施される高度情報ならシステム監査かプロジェクトマネージャになりますが、個人的にはあまりお勧めしません。 寧ろ、貴方が興味を持たれている内容からすると中小企業診断士がいいと個人的には思います。 ただ、一次試験の実施は8/21、22と秋ではなく夏になりますが。

補足ですが、もしITストラテジスト等が秋にあったとしても私はお勧めしません。 理由はこれらの試験には自分の経験を元にして書く必要がある論文試験があるからです。 長文を書くという点では文系の方は有利な気もしますが、ITの実経験が全くない人が想像して書くのは大変だと思いますし、もし書いて合格しても何の意味も持たないからです。 であればきちんと経営戦略理論の知識を試験で活かせより勉強ができる中小企業診断士の方がいいと思います。 ただ、応用情報の午前1免除がある間に高度情報を受けたいのであれば安全確保支援士一択です。技術的な知識や能力はそんなでも一般的な常識と国語能力で合格でき、その知識は事務系でも活かせるからです。名称独占資格でもありますし。 他には中小企業診断士では重ければ国家資格ではないですが、ビジネスキャリア検定の経営理論2級に挑戦するのもありだと思います。

0

IT系の資格は今回受験された情報処理試験に代表される国家資格と、私企業であるベンダーが認定するベンダー資格とに二分されます。ベンダー系は技術的内容に特化したものがほとんどですので、情報処理の上位資格を目指されるのがよいと思います。 質問文にある内容を勘案すると、以下の2つが該当しそうです。ご検討あれ。 ITストラジスト試験 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html ITサービスマネージャ試験 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sm.html