キリスト教に関する質問

宗教 | 歴史20閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

記事は1994年のものね。いまから30年近く前。 かつてソビエト連邦という国がありました。1991年に崩壊したーー第三次世界大戦を戦わずに内部崩壊で。 そのソ連があった時代には、アメリカ合衆国を盟主とする西側に対しソ連を中心とする東側陣営があって、世界は東西対立。ここから終末論が流行ったのです。 両陣営とも何千発もの核爆弾を保有しているのだから、戦争になったら本当に終末になる。そしてイスラエルが建国されたのが終わりの時の条件とみなされ、ハルマゲドンという場所に世界中の王を集めて戦いがおこる、という聖書の予言はゴラン高原を指している、と終末論の具体化が流行ったのですよ。 質問者殿が紹介された文書はその時代の流れーーソ連崩壊からまだ2年しか経っていない時期。30年前のものをほじくり出して恐れるよりも、することは別にあるとおもうけど。

1

パズルをあわせていくと絵が浮かぶようなものです。 終わりの時の聖句も散りばめられたパズルのように存在し、合わせていくと浮かんでくる事象が見えてきます。 終わりの時には、反キリストが聖なる所に入って、自分が神だと宣言します。 ブレスさんが引照なさってる聖句ですね。 …ということは、その日には聖なる場所、神殿があるだろうと予想される。 また他の箇所に、生け贄を捧げることをやめさせる…とあります。 …ということは、その神殿は生け贄が捧げられているはずで、それに該当する神殿はユダヤ神殿なのです。 イスラム神殿では生け贄の風習がありません。該当せず。 また、キリスト教会の建物でも動物の生け贄は捧げません。該当せず。 他の宗教がエルサレムに神殿を建てることはパレスチナ地方の全ての人が拒むでしょう。なので該当せず。 そういう所から、ユダヤ神殿であろうと予想されています。 実際、すでに建築材料は揃えられ、保管され、祭儀につかえるレビ人たちは神学校で学習し、整えられています。 あとは世界情勢にその機運が来た時、建つばかりになっていると言われます。

1人がナイス!しています

0

[ヨハネの黙示録 21:10-21] 天使は、霊に満たされた私を大きな高い山へ連れて行った。 そして、聖なる都エルサレムが神のもとを出て、神の栄光のうちに 天から降って来るのを私に見せた。都は神の栄光に輝いていた。 その輝きは最も高価な宝石のようであり、 透き通った碧玉のようであった。都には高い大きな城壁と 十二の門があり、それらの門には十二人の天使がいて、 名が刻みつけてあった。イスラエルの子らの十二部族の名であった。 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。 都の城壁には十二の土台があり、そこには小羊の十二使徒の十二の名が 刻みつけてあった。私に語りかけた天使は、都と門と城壁を測るために、 金の物差しを持っていた。この都は四角形で、長さと幅が同じであった。 天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンあった。 長さも幅も高さも同じである。また、城壁を測ると、 百四十四ペキスであった。これは人間の尺度であって、天使が用いたのも これである。都の城壁は碧玉で築かれ、都は混じりけのない ガラスのような純金でできていた。都の城壁の土台は、 あらゆる宝石で飾られていた。第一の土台は碧玉、第二はサファイア、 第三はめのう、第四はエメラルド、第五は赤縞めのう、 第六はカーネリアン、第七はかんらん石、第八は緑柱石、 第九はトパーズ、第十は緑玉髄、第十一は青玉、 第十二は紫水晶であった。また、十二の門は十二の真珠であり、 門はそれぞれ一つの真珠でできていた。そして、都の大通りは、 混じりけのないガラスのような純金であった。

0

肉のユダヤ教の神殿は再建されませんが、イエスが3日で建てた神殿(教会)は、14万4千のキリスト教会の肢体、14万4千の宮として完成されます。 この教会(神殿)の完成をもってこの世の終わりとキリストの再来となります。

0

あぁ、勘違いしないでください、 聖書の多くは比喩であってそのままでは解釈できません。 聖書をそのまま受け取れば勘違いして道を違えます。 まず出てくるのは「自分が神だ」という者ども。 その後に出てくるのはその者どもを打ち滅ぼす、奇跡をおこなう者。 しかしその者は真実の救世主ではなく、“主によって送られた”悪の権化です。つまりは創造主出るかもをも否定する。 その所為で人々は主を求めざるを得なくなり、その思いが最高潮に達したときにはじめて救世主が下って来るのです。 キリストの再来が間近になった時の神殿とは建物ではなく人であり、人々の救済を求める声、願いを言います。そしてそれに呼応して現れる真の救世主(キリスト)を言います。 なぜイエスを殺したユダヤ教が神殿を立てる必要がありますか?何度も主を裏切り続けたユダヤ、あるいはイスラエルに神殿が建つというのでしょうか? もしユダヤ教の神殿が建つというのならそれは、キリストの神殿ではなくその前の段階の偽りの救世主の神殿と言えませんかね?