御家人の家では分割相続がおこなわれていたが, 鎌倉後期になると, 家督を継いだ嫡子が所領 をまとめて単独相続するようになる。

日本史25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすかったです。 ありがとうございます!

お礼日時:4/22 23:57

その他の回答(3件)

0

他の方が回答されているように息子全部に分割相続させると3代目でもう困窮するでしょう。 たわけという言葉があります。 昔、名古屋で勤務した時、「このたわけ」と怒られびっくりしました(笑) たわけ=田分け でしては行けない意味として使われるのですね。

0

例えばおじいちゃんが100haの土地をもってたとして子供が5人いて孫がそれぞれ5人いたら、孫の代になったら1/5の1/5だから一人4ha。ものすごく小さくなってみんな貧乏。