なんで小説を読むのですか?小説には致命的な弱点があります。

小説 | コミック468閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうですね。疲れてるときとかは1ページからとかは無理だと思います。 読みかけとかシリーズものとかならいいかもしれないですが。 回答してくださった皆様、ありがとうございました。

お礼日時:4/30 21:40

その他の回答(14件)

0

漫画を読む場合は文章を読み内容を補完するイラストがあるので分かりやすいですね。反面文字ばかりの小説は補完してくれるイラストがないので、読み手自身が補完しなければなりません。それが想像力に繋がります。だから漫画を読むと想像する力が衰えるといわれます。 目で見たモノをあたかも経験してきたかのように実感してしまう。ですが本当に自らの手足を使って経験したものではないので、意識と現実の差異が生じる。 けれど楽で簡単だから漫画を読むアニメを見る。他人の話を聞いて自分が経験したと勘違いしてしまうような人は、自分の目で見て足で確かめることの有意性を経験と蓄積できない。 経験を蓄積できないと知恵にならず、何か問題が起こっても解決するための知恵や工夫を考え、自ら行動することができなくなるのです。本を読むためにはエネルギーがいる、それを弱点と考える質問者さんは能動的に暮らすことを厭うので、それに伴うエネルギーを使うことも非とするのですね。

0

どれも強みと弱みがあります。 映画は2時間観るのに1500円くらいかかります。 漫画は、1冊30分くらいで読み終わるので、2時間なら4冊、つまり2800円くらいかかります。 小説は、1冊2時間くらいかかりますので、700円くらいで済みます。 レンタルすればもう少し安くできますが、映画は機器がないと再生できないので、基本自宅でないと楽しめません。 持ち運びできるのは、漫画、小説だけです。 儲けという観点では、映画や漫画に軍配が上がりそうですが、楽しむ側にとっては小説が1番負担が少ないかなと思います。

1

僕はアニメの方がエネルギーを使います。 小説や漫画は自分のペースで進めれるのでアニメよりは疲れないです。

1人がナイス!しています

1

私は一理あると思います。 課題にでもなってたら別だけど…漫画やアニメならわりとすぐ読める、見終われるし、刺激的だからなのか、本から移行してしまいやすい。ただ、悪いことではないと思うけれど。 私は小説は高校まではちょっと苦しくても読んでたけど、むしろそれが原因になってか、特に社会人になってからは、あんまり読めてないですね。 例えば、すっごいページ数なのに、自分にとって興味のある内容じゃなかったり、暗すぎるとか、嫌悪感のある表現が続いて苦痛だ、とか。 読み終われなくて、図書館に返す期限きちゃったときの、ちょっとしたやり切れなさとか…。 ただ、読み終わったときの達成感とか、人に話して何となく自慢できる、みたいなところはあるのかも…?

1人がナイス!しています

2

まず、エネルギーが要ることが弱点なのか?私はそうは思いません。 もう一点、小説を「娯楽・暇つぶし」と言い切っていいのか?これも疑問。 エネルギーが要る娯楽・暇つぶしももちろんあると思います。 私にとって小説を読むことは最上の娯楽の一つです。

2人がナイス!しています