ID非公開

2021/4/27 0:50

88回答

息子が少年野球をしているのですが、バッターボックスが怖いらしく、いざボールが来ると1歩下がってしまいます。

野球全般130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/27 23:53

回答ありがとうございます。 私も知識が無い中、当たりそうになったら背を向ける事は言ったのですが、抑えられてるからそれが出来ないらしくて…ノーステップとオープンスタンス長男に話した所次男(怖がっている息子)に早速今日教えてくれました! 次回の練習時にやってみると言っていました。 それで少しでも恐怖が薄れてくれる事を願うばかりです… ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様色々なご意見ありがとうございました。 私の知らないステップ方を教えて頂き、早速実践してみる!と息子も言っていたのでベストアンサーに選ばせて頂きました。 他の方々のご意見も参考にさせて頂き親子共々頑張っていきたいと思います! 本当にありがとうございました。

お礼日時:4/28 0:24

その他の回答(7件)

0

中学校の話が書かれているので、息子さんは高学年なのだと想像します。 ピッチャーが投げてきた球をしっかり見れていないから怖いのだと思います。逆に言えば、怖いからしっかり見れない、ということになりますね。 まずはストライクゾーンをきちんと確認してみてください。そして、どんなボールが来たら体に当たってしまうのかを知識として理解させます。 次に避け方を教えてあげてください。背中を向ける避け方です。 そこまでできたら、次はボールを見逃す練習をします。実際にバッターボックスに立ったつもりで、しっかりタイミングをとり、きちんとボールをみて見逃します。 室内でカラーバットと柔らかいボールでやってもいいですが、実際の距離とボールでやったほうが効果はあると思います。 ここまでやれば、どんなボールが来たらデッドボールになるのかがわかるようになると思います。そうしたらあとはストライクを打つだけです! もちろん怖さはなかなか消えてくれないと思いますが、息子さんの「打ちたい!」の気持ちが勝るときが必ず来ますので励ましてあげてくださいね。 我が家の息子(中2)も同じようにボールから逃げる子でした。しっかりボールを見ることができるようになり、打ちたい気持ちが勝り、いまチームでは4番バッター、市の選抜チームに選ばれる選手になりました。 だから全然大丈夫ですよ!子どもは変わりますし、ぐんぐん成長します!がんばってくださいね!

ID非公開

質問者2021/4/28 0:11

回答ありがとうございます。 次男の年齢記載してませんでしたが…5年生です! 怖くてもしっかり最後までボールを見る事は伝えて来たのですが、ストライクゾーンなどは監督やコーチ任せにしていたので、復習を兼ねて教えていきたいと思います。 見逃す練習も! 今は自信が無く打てない…フォアボールでやっと塁に出れる!という感じなので、励まして行きたいと思います。 うちの長男も中2です。 長男は恐怖心無く区の選抜とかにも選ばれてるんですがね… 長男にも協力してもらい、成長見守りつつ親子で頑張って行きたいと思います! ありがとうございました。

0

バッティングセンターとかで打席に立って打たずにとにかくボールをみるというのはどうでしょうか? お金をかけたくなければ公園とかでやるのもありだと思います

ID非公開

質問者2021/4/28 0:01

回答ありがとうございます。 バッティングセンターでは打てるんです… 息子が言うにはバッティングセンターはデッドボールが来ないからだそうで… ボールを見る練習はさせた事が無かったので、次回やらせてみようと思います。 ありがとうございました。

0

投手がデッドボールとなるのを怖がったので、打者がグラブ持って打席に立って、グラブで捕るから大丈夫と思える様にして克服した話し。 息子さんがグラブ持って打席に立ち、当たりそうになればグラブで捕るなどで恐怖心を克服できないかな。 監督に相談すして練習するか、そのような状態をどう作る・用意するかですが。

ID非公開

質問者2021/4/27 23:59

回答ありがとうございます。 うちのチームの監督は誰かの意見を参考にして練習させてくれるタイプでは無いので、家で長男にやってもらおうと思います。 長男は中学生なので、小学生よりは球も早いのでそれを取れるようになれば少しは恐怖心が薄れると良いのですが… ありがとうございました。

0

逆に離れればいいのに。 足押さえられたら打てないでしょう。本末転倒。 離れてればアウトコースは当たらないでしょう。 そこを当てるのにどうすればいいか自分で考えてできるようにならないとです。 まずは怖いのを排除しないといけません。離れましょう。

ID非公開

質問者2021/4/27 23:56

回答ありがとうございます。 本当に本末転倒だと私も思いました。 離れるのは監督に怒られる様で…悩ましい所ですが、試合形式の時は抑えられ無いみたいなのでその時怒られない程度に離れてみるように言ってみようと思います! ありがとうございました。

0

あえて厳しく言いますね! 息子さんは野球をする以前の問題です。 野球はバッターボックスに入って全ての物事が起こるスポーツですので、精神面を鍛える(気合を持たせる)必要があると思います! 自分も小学生から野球していましたが、チームの練習の1つとして、選手はキャッチャー道具を全て着けて、ピッチャーマウンドの少し前から、1人づつノックを受ける! という練習がありました。 その練習は捕球の練習というより、ボールに対する恐怖心を無くすものだったと思います! 結果、もともとボールに対する恐怖心はありませんでしたが、より一層「かかってこいや」感が、生まれた気がします! 正直デッドボールが痛いのもわかります! 簡単に克服するのも難しいと思います! ですが、まずは克服する事が、野球というスポーツをする人の、上達への近道になるのも事実だと思います。 指導者も、とにかく慣れさせる為の簡単な方法だと思い、そういった指導を彼のためにしているのだと思います! 実際見ていないので、絶対にそうだ! とは、言えませんが、そうであってほしいです。 息子さんが恐怖心を克服し、より一層の活躍を願っていますし、「野球が楽しくて楽しくて」という感情が生まれることを期待しています! お母さんはイロイロとても心配でしょうが、成長してくれる一環だと思って、お母さんも頑張って下さいね!

ID非公開

質問者2021/4/28 0:19

回答ありがとうございます。 精神面を鍛える!確かにそうですね… 息子は強がりではあるのですが、打たれ弱くもあるので… 監督のやり方は、息子的には意地悪だそうで…他のコーチにも言ってわからないからと言われて、私自信正しい事なのかわからなくなってしまって… 最初は泣いて帰って来た息子も、ようやく最近は泣かなくなったので、少しは精神面も鍛えられてる事だと良いのですが… 主人の知り合いに硬球ですが、デッドボールで半身不在になってしまった方がいるので、色々心配なのですが、息子はこれからも野球がやりたい!とは言っているので支えていきながら親子で頑張って行きたいと思います。 ありがとうございました。