回答受付が終了しました

ハンニバルはどうしてわざわざアルプスなんかを越えたのですか?

1人が共感しています

回答(7件)

1

おっしゃる通りで制海権云々を抜きにしても海上戦からローマを攻撃した方が理にかなっているとは言えます。世界史の名時の一つです画。 考えるに、ハンニバルは陸戦の方が自信があったから。そしてイベリア半島からアルプスへと駒を進めたのは同盟下にあるもローマに内心不満のある地方諸都市を離反させてカルタゴ陣営に引き込もうという一大デモンストレーションだった可能性が高いですね。 デモンストレーションなら陸路を通った方が強くアピールできます。

1人がナイス!しています

6

全然違いますし、無理です。 理由はいくつもありますが、まず、ハンニバル軍の人数は「9万人」もいて、とても船で運べる数ではないです。それだけの大軍を運べる数の「船がなかった」という単純な理由により、海路から侵攻することは最初から困難でした。もし海路を使いたいならば、何年もかけて船を作らねばなりませんが、それほどの時間をかければ、ローマ軍の方がイスパニアやカルタゴに攻めてきます。後手を踏む。 さらにイタリア半島に上陸するのならば「港が必要」です。征服後にも港を確保できないという理由で、ハンニバルは増援を得ることができませんでしたが、安全な停泊できる広い湾のある港なくしてそれだけの数の船団の積み下ろしは不可能です。 制海権がローマにあったからできなかった、というわけではないですが、当時のガレー船団では、沿岸航路しかないので、必然的に海路を使えば、ローマ軍の船団と激突して海戦になる可能性は高いのは当たり前です。象とか積んでいる状態で海戦をやるのはカルタゴ軍にとってかなり不利ですし、そもそも輸送船団だけでなく、海戦もやるなら戦船を作らなければならないのますます多額の出費と建造時間が必要で、海軍を作るところからやって水兵まで訓練するなんてことをしていて、戦争に勝てるかといえば、まず無理でしょう。輸送船団をローマ軍の海軍を避けて上陸させることは事実上無理だといえます。9万もの大軍だと、軍船も数千隻になるので、隠れようがないですし、港がないと同しようもないです。 陸路をいくとして、アルプス越え以外の道も当然あります。リグーリア州を進撃するのは、むしろ常道であり、ローマ軍にとっては予測しやすく、守りやすいため、あえて、ハンニバルは踏破不可能と思われたアルプスの峠越えをして「奇襲」しようとしたわけです。リグーリア山脈の峠は防御しやすいので、ローマ軍が戦いにくいようにあえての選択であって、アルプス道以外になかったわけではないです。 それとハンニバルの予定としては、ガリア人を対ローマ戦争参加を勧誘するという目的もあったとされています。実際、ガリア人も参加してますが、ハンニバルが期待したほどの大規模な蜂起は起こらなかったものの、アルプスのガリア人と、北イタリアのガリア人を蜂起させてローマを弱体化することを目指したものでした。

画像

6人がナイス!しています

0

フランスからイタリアへ行く道は、 今も地中海岸の経路と アルプスの山道の経路の二通り、で 海岸街道でないアルプスわたる 街道といったってアルプスの最高峰 を越えるわけでは無く登山支度ないと 突破できないほどの山道では無いので ハンニバルもローマ軍が多く 待ち構えている海沿いの道から進撃 するよりローマ軍が全然いない アルプスの山道から行ったほうが 少々、道は険しかろうが敵軍の抵抗 が、ほとんど無いから、そっちから 攻めてきたんでしょう。

1

まず、船を準備するところから膨大な手間と時間がかかります。 数万人、軍馬、それを賄うための物資を積んだ輸送船ですから、数百隻です。船を用意している段階で、意図が丸わかりですよ。 また船や海路はいかに安全な地中海でも、陸上移動よりずっと危険が伴います。数百隻となれば相応の船員の確保が必要ですが、まさか体力だけある素人に運行させれば、済むとは考えてませんよね? >当然レーダーもない訳ですからいくらローマの艦隊でもしっかりとカバー出来る範囲なんて地中海の内のごくごく一部ですよね? 大々的な準備をすれば、それだけで情報は伝わりますから、小型の快速船で監視させておけば、十分に動向は把握できます。しかも、急ごしらえの艦隊となれば、陸地沿いの航路を取るのは基本です。ですから、ローマ側からすれば、艦隊の行方を追うなんて難しくないんですよ。 しかも、上陸地点は限られていて、上陸作業もまた簡単ではありません。 当時は密集隊形が基本なのに、船で個々別々で上陸している間に、準備万端に待ち構えたローマの軍団歩兵に襲われては、徒に確固撃破されるだけです。 勿論、ハンニバルが活用した戦象どころか騎兵も活用する前に、浜辺を上陸している間に投げ槍の的にされるだけです。 海路からの侵攻は、上陸が完了して、陣形を整えるまで、何の天候などによる問題も発生しない、ローマに絶対に見つからないって確信がなければ危険なだけです。

1人がナイス!しています

0

当時は羅針盤なんてものはないので艦隊は目印となる物、つまり陸地の近くを航行せざるを得ませんでした。 陸地沿いの航行ということは侵入ルートも限られてきます。 そして艦隊が陸地を見られる位置を航行するということは、逆に陸地からも艦隊が見えるということです。 つまりローマにしてみれば陸地の決まった所を監視しておけば敵艦隊を発見することが出来、海軍で蹴散らすことが出来るということです。 またハンニバルは数万の大軍でローマに攻勢をかける気でしたが、その人数の輸送には非常に多くの船が必要だったでしょう。 船は多くなれば多くなるほどローマに補足されやすくなりますし、第一次ポエニ戦争の後のカルタゴにそこまでの船が残っていたかどうかも疑問です。 ということで海を行くのは現実的ではありません。