回答受付が終了しました

フリーランスエンジニアを目指している19歳の高卒工員ですが、

回答(13件)

0

簡単ではないけど、可能ではある。

0

現役フリーランスPGSEですが 月収100万円は、過去、数回経験あります。 超過手当が跳ね上がった結果の数字です。 今は残業自体がNGな時代です 超過手当がつくことすら珍しいので 月収100万円は「今を基準にすれば嘘」と言い切っていいでしょう。 年収1000万はありえます。月75万の契約で ほんの少し超過が出れば税込み年収ベースでは超えますので。 リモート勤務が珍しくもない時代になりましたので 家でカタカタ年収1000万はあり得ます。

0

あなたにクライアントが付けば…ですね。 実績もない人のクライアントになる人はいません。 あなたが実績を積めれば可能かもしれませんね。

1

あたりまえですがウソです。 誰でも簡単に月100万円稼げる、なんてうまい話があると思いますか? 簡単に月100万円稼ぐ方法がある、なんて言われたらたいていの人は詐欺だと思うのではないでしょうか。 実際、その通りですが。 ITエンジニアの6割が転職を希望、理由は給与の低さ https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1901/16/news072.html 現実はこんなものです。 じゃあ、なんでその6割の人は稼げない会社なんかとっとと辞めてフリーランスにならないのかといったら、フリーランスではやっていけないとわかっているからでしょう。 フリーランスエンジニアには非常に高い能力が求められます。 並レベルのエンジニアではまず無理です。 現役の6割の人ができないと思っていることがそう簡単にできると思うでしょうか。 普通はできないでしょう。 高い年収をあげているフリーランスエンジニアがいるのは事実でしょう。 ですが、それは成功したごく一部の人のみかと思います。 ちょっと前もフリーランスプログラマーをやっているが、30を超えたら仕事がとれなくなってきた、なんて質問している人もいました。 あるいは、成功する凄い優秀な人にとっては易々とできることなのかもしれません。 そういう凄い人が月収100万円とかは易々と達成出来る、と言っているのかもしれません。 その人にとってはそれは事実なのかもしれません。 ですが、それが自分にもできるとはとうてい思えないです。

1人がナイス!しています

0

>> フリーランスエンジニアになれば月収100万円とかは易々と達成出来るというのは本当でしょうか そうですよ。簡単に誰でもなれますよ(皮肉) 例えると、「よちよち歩きを始めたばかりの赤ん坊が、次回のオリンピックに出て金メダルを簡単にとれるぐらい」には簡単ですよ(皮肉) まずさぁ、考えればわかるだろ? 「誰でも簡単にできる仕事で、高収入ってない」ってことぐらいは。 今どきの小学生ですらわかる事。 もし嘘だと思うのなら、そういう仕事で高収入なものを列挙してみろよ。 ただし、「年収一千万クラスの仕事」です。それと、「誰でも」です。 プログラミングって相当コスパが悪い。 単に趣味程度ですら、使えるようになるレベル(= 半人前) ですら、 10年単位かかる。 ましてや仕事なら妥協を許さないからなおさら。 それに加えて、フリーランスはいわゆる傭兵。 自分ですべてやる。 会社勤めでも、転職とかのような場合は「即戦力」を欲している。 即戦力の意味、わかる? プログラマであれば、自分でソフトなりゲームなりを作る事ができるレベル。本当に最低レベルで。 でも基礎の基礎だけしかやっていない人はこれができない。 ましてや、フリーランスになると、「すべて自分でやらないといけない」。 会社勤めであれば、基本的に役割分担。 たとえば、SEが設計をしてその設計書に相当する「仕様書」なるものを作る。これを使ってプログラマや他のエンジニア、クライアントに説明したりする。 プログラマはその仕様通りに作っていく。ロジックの穴があればそれを指摘してより良いものを作る。 営業がプロダクトの売り込み。 経理が税金対策や売り上げの管理等。 テスターとかがテスト(検証)を行う。 たとえば質問者さんがWebアプリケーションなりケータイ向けアプリなり、 ゲームなりをDLするなりして使うときに、 「よくクラッシュする」、「頻繁にサーバがダウンする」……といった不具合が出るとしたら、嬉しいですか? ましてやクライアントは金を払ってやっているのです。 なので出来るだけバグが無いようにする。 そのためにデバッグやテストを行う。 そして、出来たものをクライアントに渡すだけ……じゃないです。 一括処理程度のソフトならいいですが、Web系とかだとサーバをたてないといけないし、いろんなやることがある。 (ネット回線を引くときのあんな感じで。もうちょっと複雑だったりするが) クライアントの多くはプログラミングのプの字すらしらない一般人。 なのでインフラエンジニアだったかな。そういう人が回線とかを引いてあげる。 他にもアフターサービスとして何かしらの不具合とかが出たら対処したりとか。 そして何かしらのトラブルが発生したら、会社の幹部が矢面に立って記者会見とかを開くとか。 このように役割分担をしている。 でもフリーランスの場合はそんなことはできない。 出来なくもないが、それだったらいっそ会社に勤めた方がいい。 よって、趣味レベルで要求されるものは、 ■ C言語等の使う言語の基礎 ■ 設計方法 ■ デバッグ方法 ■ テスト方法 ■ 設計からデバッグ、テストまで行う事 ■ データ構造とアルゴリズム ■ デザインパターン ■ 計算量 ■ ネットワーク ■ 「基本情報技術者試験」に出るような内容 ぐらいはやる。 会社勤めであれば、 ■ コミュニケーション能力 も追加する。 フリーランスの場合は、趣味や会社勤めの内容に、 ■ 税金対策 ■ 法関係 ■ クライアントの要望を仕様に落とし込むこと ■ 契約書周り ■ 売り込み(営業) ■ 絶対にすべて完遂させるという覚悟 ■ 失敗は許されないという覚悟 は必須ですね。 契約書周りも重要です。 クライアントは基本、「情報リテラシーのかけらすらない人達」と考えた方が無難です。(← 言い方) 実際、COCOAに不具合が出た原因をご存知でしょうか? 一説には、「クライアントである政府が無茶ぶりをしたため」と言われています。 本来ならデスマーチありでも3か月かそこらは絶対にかかる代物を、 「3週間でやれ。異論は認めん」と無茶ぶりをしたことが最初の始まり。 無理だっつーの。 でも仕事なのでえり好みが出来ないから、やるしかない。 やるしかないが、無茶ぶりのため、手抜き工事状態になる。 そしてチーム内も不仲。 それによって不具合が出ても対処できなかったらしいです。 訳知り顔で「デジタル庁」を設立(もう、したのか?)しようとしている人たちですら、これです。 ましてやプログラミングのプの字すら知らない一般人ならなおさら。 踏み倒すのも当たり前。 そういう人たちを相手にしないといけない。 それをたった基礎をやっただけの人が出来ますか?

>> 出勤する必要もなく家でカタカタパソコンを叩いてれば月収100万円って本当でしょうか? 確かにそうですね。(皮肉) それなら、オリンピック選手もそうじゃない? 会社で嫌味や馬頭(あえて誤変換)されず、言われずにただ走ったりしているだけで金がもらえるんだから。 負けても余程の負け方をしなければそこまで言われない。 (海外だとどうか知らんが) 医者もそうじゃない? 室内で適当に患者を見て適当に言っているだけでしょ? こういう暴論と一緒。 プログラマはただキーボードをカタカタっと叩いて終わり……じゃないです。 そもそもプログラミングが何かを理解していない。 プログラミングっていうのは「機械に命令する事」です。