ID非公開

2021/4/30 7:57

33回答

口座を、自分の生活用と投資用を別にして、投資用のお金は自分のためには決して使わないと決めているかたは、いらっしゃるのでしょうか?

株式 | 資産運用、投資信託、NISA54閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

追記 投資先の企業から株主に分配される現金の事を「配当金」と言い、その原資は、企業の利益(より正確にいうと利益剰余金)です。 株主の取得価格に関わらず「1株当たりの配当金○○円」で、税引後の額が貰えます。 株の売買は証券会社を介して行いますが、買い手と売り手両方から売買手数料を貰い、これが証券会社の利益になります。 投資家は安く買い、高く売ればその差額分が利益になります。 企業が利益を求めて事業を行っていく限り、株価が永遠に右肩上がりなら、投資家全員が勝ち、売却益が出て、プラスサムゲームになる筈ですが、株価は上昇・下落の繰り返しです。 と言ってゼロサムゲームでもありません。 天井で高値掴みしてその後下落すれば、売却しない限り評価損があるだけ。 投資家全員の損益を合計するとマイナスになるマイナスサムゲームになる事はありますよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>投機と投資は違うけれど人生をダメにした人、家を手放した人等、結構いる。 投機も投資も、なんとなくでてを出してはいけないと分かりました。 vca***さんは、投資の利益を寄付されているから、利益を出せるのかもしれないと感じました。 全て自分のために使う人は、危ないような気がするのです。 今回は、さまざまなことを教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:5/11 14:43

その他の回答(2件)

2

基本的に投資で増やしたお金を生活に使うことはありません。複利の効果を使わない手はないので。 ただ、もしも生活に困るようなことがあれば投資資金を取り崩さない訳にはいかないと思います。 少し勘違いをされているようですが、 まず大前提として、投資で得たお金は誰かの損失ではありません。企業の利益の分け前をもらうのが投資の利益です。 経済の成長による利益を享受するのです。 株式投資はプラスサムゲームであり、全員がハッピーになれる活動です。 ちなみに投機はまったく別で、ゼロサムゲーム、あるいは手数料や税金がある分マイナスサムゲームです。この場合は誰かの利益は他の誰かの損失となります。

2人がナイス!しています

1

生活用の銀行預金から定期的に余剰分を証券会社口座に移し主に積立投資をしています。長期で見ているので、今後20年くらいは卸す予定は無いです。 出さないと決めているわけでは無いですが、今の所、証券口座から銀行に資金を戻したことは無いです。 銀行貯蓄で賄えないほどの出費があれば考えるかもしれませんが、今の所そういった予定も無いですし、儲けは再投資し続けた方が得なのでそうしています。 目的は、数十年後の老後資金ですが何に使うかは全く考えていません。

1人がナイス!しています