回答(4件)

1

私は二度単身赴任しましたが、住民票は移しませんでした。扶養とか面倒くさそうだったので。 選挙は不在者投票利用出来るし(郵送でも可能)、組合健保なんで健保も問題なし、電気ガス水道は住民票がなくても契約出来る、NHKも来る(笑)、普通のサラリーマンなら行政サービスを利用することなく、何の不自由もありませんでした。

1人がナイス!しています

1

住民票を移さなかった場合のデメリットですが、 1.選挙の場所は旧住所になりますので選挙には旧住所に帰る必要があります。 2.車の免許証の更新は旧住所になりますので旧住所の免許更新場所(警察署など)に行くことになります。 3.赴任先の市町村の行政サービスは一切、受けれません。(一例:成人式など)。市民税は旧住所に納入。 などなどがあります。 本来は、住む場所に税金を払うのが本来の姿です。ですが、短期間だと移さない人も大勢いるのが実情です。

1人がナイス!しています

1

異動させる場合もあれば、異動させない場合もある。 単身赴任の期間や税務上の問題があるので一概には言えません。

1人がナイス!しています