日本のプロレス団体はいつまで八百長を続けるのか。 ミスター高橋氏がプロレスの八百長を暴露してから20年になります。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

上の方の回答にあるとおり、前田に関しては舞台裏について少しずつ語り始めてますね。ユーチューブの中で触れているの何度か見ました。 しかし、私の知る限りいかんせん歯切れが悪い。 船木や高田と違って純度100%のガチを経験していなので、コンプレックスようのようなものがあるんじゃないでしょうか。 (あの天敵ともいえる安生のほうがガチ経験に関しては遥かに上回っているという..) 船木は話術に長けているので、その辺の述懐は上手いですからね。 露骨な表現は避け、オブラートには包むけど、決して濁すことなくサラっと語ります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

客観的なご回答ありがとうございました。 どう考えてもカミングアウトした方が有益だと思うのですが、プロレスファンは反対派の方が多いみたいですね。 猪木氏はそろそろ寿命のようですので、そう遠くない将来結果が出そうですね。

お礼日時:5/7 21:11

その他の回答(15件)

3

私は語ることも出来ないかなりライトな層のプロレスファンだと思いますけど八百長とかショーとか気にしたことないですね 幼少期に親戚が視聴していた大仁田厚さんの危険極まりない試合の数々と流血しながらも鬼気迫るぶつかり合いに圧倒され「これ芝居なんだぞ」と教えられて更に衝撃を受けました、ただただ熱い熱い熱狂的な何かが幼少の私の中から込み上げ吠え叫び夢中になりました 私にとっては八百長でもショーでも構いません人をこれだけ熱くさせて楽しませてくれるプロレスは芝居でも茶番でも感情を揺さぶり良い物を観た、経験が出来たと感じられ極上の余韻を残しまた楽しみたいな…パワーをもらった、また明日の仕事も頑張ろうと前を向ける、少なくとも私と私の周りのプロレスを愛する方達は質問者様が気になさっている事柄に頓着する素振りを感じた事はありません

3人がナイス!しています

6

■日本のプロレス団体はいつまで八百長を続けるのか。 いまだにプロレス=八百長と言っている人は古いかな。 ■ミスター高橋氏がプロレスの八百長を暴露してから20年になります。 しかし日本のプロレス団体はいまだにカミングアウトをせず、八百長(真剣に勝負を争うように見せかけ、実は前もって約束しておいた通りに結末をつけること)を続けています。 だけどあなたはそれでもプロレスを八百長と思っているんでしょ? ならいちいち暴露なんてしないでいいわけで、あなたはあなたの 感覚でプロレスを捉えてはどうでしょうね? ■日本のプロレス団体がWWEのように「プロレスはフィクションです」とカミングアウトすれば、世間においてプロレスが八百長の代名詞として使われることもなくなるでしょうし、レスラーもファンを騙している後ろめたさから解放されます。 まず八百長と言っている人はファンじゃないです。 ファンってのは騙す騙されるじゃなくて、八百長かガチかハッキリしないと プロレスを見れないのですかね? それならそんなファンにはUFCをお勧めしますよ。 レスラーはただプロレスをしているだけです。 ファンを騙してはいませんよ。 ■このサイトに常駐している気持ちの悪いプロレスオタクの方々も「プロレスはショーだから八百長ではない」みたいな苦しい弁明をせずに済みます(団体側がショーだと公表していないから八百長と言われるのです)。 苦しい弁明と思っているのはあなたの偏見です。 またファンは別にプロレスがガチなのか八百長なのかなんて どっちでもいいんですよ。 八百長八百長といまだに言ってくる人がいるからショーと言っているだけ。 また団体側がショーと公表しないから八百長と言われる、、、 いちいち公表しないといけないんですかね?? 僕はボクシングも好きだけど、ボクシング協会から ガチだと公表している姿はTVでは見たことがないです。 だけど八百長とも思わない。 そもそも見ているなら察せと思う。 見ていれば察せるのにそこをいちいち公表してもらわないとと 思っている人はただの嫌味や意地悪な人間の意見ですよ。 WWEなんて以前はレスラーが上層部の、車を爆破させたり、 エロなことを見せたり過激なことをしてたんですよ。 そこでアメリカでは一部からクレームが起こり影響される人間を 懸念して規制が厳しくなり、WWEはショーと公表したまで。 なので今やWWEは昔の過激なことはできず、 今はショーであってもプロレス要素が強いものを見せている状態です。 ■プロレスを真剣勝負だと思って観ていた人は離れるでしょうけど、トータルで考えればカミングアウトした方が有益ではないでしょうか。 真剣勝負と思っていたファンはきっと昭和時代です。 猪木や長州など全盛期の頃だと思います。 ただそんなファンも今のプロレスを見たら違いの変化に気づきますし、 そこで面白いかどうかはそれぞれだけど、真剣勝負の様な視点で 見ていない人もいます。その辺はずっと見ているファンは察してます。 ■世界一の団体WWEがカミングアウトしているのに、 WWEはカミングアウトせざるえなかったんですよ。 ■日本のプロレス団体がいまだに勝負を装い八百長芝居をしている理由って、何かあるのでしょうか? プロレスはどっちが強いか弱いか、ただそれだけを見せるものでは ないです。 それはファンならわかるはずです。

6人がナイス!しています

0

難しい話ですね。 ある意味「興行側とファンによる確信犯的な共犯関係」なワケですが、たぶんずっとこのまま続くと思ってます。 ワタシも八百長否定派でしたよw その方が居心地よかったから。 そのレスラーの練習量やレスリングのセンスがそのまま正直に出るグラウンドの攻防の面白さに気づいてから、なおのこと八百長説の否定にこだわってました。 時は流れて、さすがに今はギミック、ブック、ワークを受け入れるようになりましたけど… いくらリング外での申し合わせについて邪推したところで、結局のところファンはリング上で起きたことをそのまま素直に受け止めるしかないのだと、自分の中では結論がでちゃいました。 1周回って、「八百長?どうでもいい。面白ければヨシ」になっちゃってた。 前田日明も、今じゃ勝敗の取り決めについてカミングアウトしてるも同然だし…(猪木挑戦権を賭けたリーグ戦で「俺が勝ち抜けるかと思ったリーグ決勝の試合直前で、優勝はお前じゃないよと言われた」と当時を述懐) 昔の資料を見ると、昭和の巌流島・力道山vs木村政彦戦やワールドリーグ戦に日本中が沸く力道山の絶頂期ですら、新聞やコラムニストが、スポーツとショーと真剣勝負の境界線をショーという前提で真剣に論じていたので、実は日本のプロレスの初期から、実は当時の時点でショーということがわかってて、その上でファンも楽しんでたのかなと思います。 ショーだとわかってても、思わず興奮してのめりこむ面白さがプロレスにある。 ただそれだけなのかもしれないですね。

0

私もそう思います、あらゆるスポーツで ガチンコではないのはプロレスだけです 何故ならアマレスはロープなんか 張りませんから(笑) 日本のプロレスは力道山が興業で始めたのですから ただ歴史が有るので中々興業を 中止出来ないのでしょう