中国のウイグル族を中心に、イスラム教が弾圧され、モスクも愛国主義の横断幕をはられ、別の用途に使われているようです。

国際情勢 | 宗教75閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な解説をありがとうございました。 勉強になります。

お礼日時:5/9 18:16

その他の回答(81件)

0

●命がけの証言になぜ黙るのか② 日本政府の弱腰に中国共産党はほくそ笑み、欧米は呆れた表情を浮かべる 月刊誌『WiLL』2021年6月号 櫻井よしこ ジャーナリスト 清水ともみ 漫画家 ■言葉ではなく力 ★櫻井 日本ウイグル議連会長を務める自民党の古屋圭司議員は、ウイグル、チベット、内モンゴルなど超党派の3議連が協力して日米首脳会談前に国会で対中非難決議を実現しようと目指していました。 ところが、公明党の反対に遭って頓挫してしまった。 ★清水 公明党の山口那津男代表は、 「人権侵害の根拠がなければ外交問題を招きかねない」 と発言している。 ★櫻井 まるで中国の代弁者ですね。 公明党は『命がけの証言』を読むべきです。 国会決議は全会一致が原則で、公明党の賛成なしに決議できません。 ある自民党議員は公明党から 「菅総理の訪米前はやめてくれ」 と繰り返し言われて、これは 「中国の圧力としか思えません」 と話していました。 ★清水 情けない話ですね。 公明党としては、どのような意図があるのでしょうか。 ★櫻井 推測ですが、日米首脳会談で中国の人権弾圧を取り上げ、G7諸国が足並みを揃えて中国に警告する構図は絶対に避けたいのでしょう。 ★清水 ということは、菅総理の帰国後に国会決議がなされる可能性が高いと。 ★櫻井 私の推測が当たっていれば、日米会談後に議連の動きが活発化して対中非難決議がなされるはずです。 それはつまり、公明党が中国共産党の許しを得たということを示しているのでしょうね。 ★清水 超党派議連の発起人会に参加しなかった公明党は、共産党の志位和夫委員長にすら皮肉られていました。 「公明党で思い出すのは文化大革命」 「一番、毛沢東を礼賛したのは公明党だったというのを思い出した」 「それとこれが関係あるかどうか知りませんけど」 ★櫻井 公明党の支持母体・創価学会の池田大作名誉会長が中国と関わりの深い人物であることも影響しているでしょうね。 池田氏は日中共同声明(1972年)に先立って日中国交正常化を提言し、その後も訪中して周恩来と会談している。 そんな経緯もあって、中国との問題はケンカではなく話し合いで解決すべきだという発想に陥ってしまうのかもしれません。 ★清水 「話し合いで解決」 というのは左翼の常套句ですが、中国共産党は話の通じる相手ではない。 知り合いの香港人は、 「日本は中国と約束してはならない」 と忠告してくれました。 交渉のテーブルについた時点で中国の思うツボなのだと。 ウイグルの惨状を知れば知るほど、中国に”言葉”など響かないことが分かる。 意味がないどころか、彼らは言葉を大事にする日本人を利用します。 結局、対中国抑止には分かりやすい”力”しか効果がありません。 ■公明党が考える「国益」 ★清水 創価学会の方々はウイグル問題をめぐる公明党の動きをどう受け止めているのでしょうか。 ★櫻井 学会員のほとんどは真面目で誠実な人たちで、支持していたはずの公明党がウイグル問題で中国を批判しないことに違和感を抱いているようです。 婦人部のお母さんたちも、その多くはどうすれば平和や人権を守れるかに心を砕いておられる。 そんな人たちに支えられている 「平和と人権の党」 が、なぜ真逆の価値観を持った中国を擁護するのか。 聞くところによるれば、婦人部が公明党に苦言を呈しても、理論武装した公明党の話を聞くと反論できずに説き伏せられてしまうそうです。 ★清水 やるせないですね。 公明党は国会決議への反対と並行して、土地利用規制法案にも横ヤリを入れてきましたね。 安全保障上、重要な土地を外国勢力に利用させないための法律です。 ★櫻井 自民党が公明党に譲歩した結果、法案の重要部分が骨抜きになってしまいました。 国防の中枢たる防衛省周辺や海上保安庁の施設、原発などが 「特別注視区域」 の対象から外されてしまった。 これで喜ぶのは、破壊工作を仕掛けようとしている敵国だけです。 ★清水 公明党が反対しているせいで、敵基地攻撃能力をめぐる議論も遅々として進んでいません。 中国にとって都合が悪い法案や議論をことごとく妨害するとは、一体どこの国の政党なのか。 ★櫻井 公明党が考える 「国益」 とは、日本ではなく中国の国益ではないかと疑ってしまいます。 そんな政党が与党の一員として政府に食い込んでいるのも異様ですが、それに引きずられて何も言えない自民党も情けない。 ■価値観のために戦った日本人 ★櫻井 「ジェノサイド」 という表現は強すぎるのではないかと、慎重になる人たちもいます。 心優しく穏やかな民族性を持つ日本人ならではの意見と言えるでしょう。 外国語に比べて日本語に罵りの言葉が少ないことからも、それは明らかです。 ★清水 中国語や韓国語は悪口のバリエーションが多いかですからね(笑)。 ★櫻井 でも、実際にジェノサイドとしか表現しようがない状況が起きている以上、黙ったままではいけない。 他人を思いやる日本人だからこそ、困っている人たちに手を差し伸べる義務がある。 私たちは信じる価値観のために雄々しく戦ってきた国民でもありました。 第一次世界大戦で戦勝国の仲間入りした日本は、欧米列強から見ればアジアの小国でした。 それでも日本はパリ講和会議で、大戦後の世界秩序の基本となる国際連盟規約に人種差別撤廃条項を入れるべきだと高々と主張した。 ★清水 背景に、米国やカナダで公然と行われていた日系人排斥運動がありました。 ★櫻井 しかし他方で、綺麗事ばかりではありませんでした。 日本は当時、山東半島の権益を何とか確保できないかと苦心していた。 そんな中、人権問題を相打ちで出した面もあったでしょう。 人権問題で最も強硬に反対してくるのは米国だと見越した上で問題提起し、牽制しようとした。 それでも、実益の問題を価値観の問題に昇華して打ち上げたのです。 国益と守るべき価値観の両方が明確に見えていたからこそ、日本が世界に先立って差別反対という価値観を国際社会に提起できたのです。 ★清水 日本の提案について、多数決では11対5と賛成側の圧勝でした。 しかし、議長のウィルソン米大統領は 「全会一致ではないから不成立」 と一方的に宣言。 とはいえ、問題提起するだけでも画期的な出来事です。 ところが、この話は教科書には載っていない。 日本がどんな考えを持った国だったかを象徴するエピソードで、現代の日本人にこそ伝えるべき歴史です。 ★櫻井 100年前に”アジアの発展途上国”が言えたことを、世界第3位の経済大国でアジアのリーダーとなった日本が言えないはずがない。 「日本よ、どうしたんだ!」 と叱りたいですね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

●命がけの証言になぜ黙るのか③ 日本政府の弱腰に中国共産党はほくそ笑み、欧米は呆れた表情を浮かべる 月刊誌『WiLL』2021年6月号 櫻井よしこ ジャーナリスト 清水ともみ 漫画家 ■悪魔のような国 ★櫻井 中国は悪魔のような国です。 ウイグルやチベット、南モンゴルに住む異民族だけでなく、漢民族ですら中国共産党政権によって大量に殺されてきました。 毛沢東時代、1958年に始まった大躍進政策によって約2000万人の農民が餓死し、1966年から10年にわたる文化大革命では少なくとも3000万人の知識人や富裕層が死に追いやられたと言われています。 ★清水 中国共産党のジェノサイドはナチスのホロコーストと比較されますが、文字通りケタ違いです。 それに、異民族を強制収容所に送るという点は共通していますが、残虐性は中国のほうが上ではないかと思います。 ナチスはユダヤ人をガス室に送りましたが、中国共産党はウイグル人に 「再教育」 という名の洗脳を施している。 敵をすぐには殺さず、時間をかけて自分たちの味方に”改造”していくのです。 ★櫻井 清朝最後の皇帝・溥儀の家庭教師を務めたレジナルド・ジョンストンの『紫禁城の黄昏』という本に印象的なシーンがあります。 清朝末期、康有為らが日本の明治維新にならって近代化を目指し、それを光緒帝は支持していました。 ところが、改革を嫌う西太后は袁世凱と共にクーデターを起こして甥の光緒帝を紫禁城に幽閉した。 光緒帝が監禁された建物の前には広い庭と涼しげな池があって、季節ごとに桃や柳が花を咲かせる。 外から見れば非常に美しい光景が広がっていましたが、建物内の部屋を見たジョンストンは驚愕。 窓が全て土で塗り固められて真っ暗だったからです。 そのうち光緒帝は廃人同然となって亡くなり、直後に西太后は甥の死を待っていたかのように息を引き取った。 生かしながら苦しみを与えるというのは、中国特有ではないでしょうか。 ★清水 異様な光景ですね。 ウイグルの拷問部屋にも真っ暗な狭い部屋があって、そこに入れられた人たちは1週間でおかしくなるという証言がありました。 文化大革命の時代、処刑を見るのが庶民の娯楽だったと聞いたこともあります。 強制収容所に入れられたウイグル人の証言を読んでも、残虐行為を楽しんでいるかのような印象を受ける。 ★櫻井 それに比べて、日本人が発想する”恐ろしさ”なんてかわいいものです。 夜中に化け猫が出てくるとか、その程度ですからね(笑)。 残虐の限りを尽くす中国の恐ろしさから、日本人はつい目を背けてしまいがちです。 それだけに、漫画という表現方法は大きな武器となります。 『命がけの証言』では、写真や映像だと見るに堪えない残虐なシーンが、イラストによってシンボリックなものに昇華されている。 理屈ではなく心に語りかける、素晴らしい作品です。 ■命令に背けば死刑 ★櫻井 清水さんの漫画には 「死」 より辛い状況に置かれたウイグル人たちが描かれています。 2018年に米議会で証言したミフグリル・トゥルソンさんも、壮絶な体験をされました。 ★清水 ウイグル出身の彼女はエジプトで結婚し、三つ子を出産して幸せに暮らしていました。 子供たちをウイグルに住む祖父母に見せてやろうと里帰りしたところ、空港で中国当局に拘束されてしまった。 生後15日しか経っていない子供たちと引き離され、何の罪も犯していないのに電気棒などを使われ執拗なまでの拷問を繰り返されました。 その後、三つ子の1人の亡骸を渡されたといいます。 収容所で9人の女性が亡くなるのを見たそうで、彼女自身も気づけば精神病院にいました。 エジプト国籍だったため、外に出られ、アメリカに亡命することができた。 しかし、彼女は収容所で打たれた薬により、ほぼ子供の産めない体になっていたそうです。 ★櫻井 グリスタン・エズズさんは現在、日本にいらっしゃるようですね。 ★清水 日本に帰化されています。 ウイグルを救う”戦士”のような方で、積極的に番組などに出演される、 まさに命がけで活動されています。 またウイグル系日本人として、自分たちがお世話になっている日本のために何ができるかを常に考えておられます。 ★櫻井 エズズさんは病気のお母さんや弟さんが収容所に入れられてしまって、生きているかどうかすら分からない状態が続いている。 グリバハル・ジェリロワさんは、同房だった女性たちの名前と年齢、拘束理由を書き留めた200人のリストを持っているそうですね。 私語禁止の中、看守が寝静まった夜に密かに会話を交わした200人です。 ★清水 ジェロリワさんはカザフスタン出身で、仕事でウイグルを訪れたら突然、警察に連れ去られて拘置所に収容されました。 刑務所のような狭い部屋には20人ほどの女性たちが一緒に収容され、多い時は40人以上が押し込められたこともあった。 ★櫻井 寝るスペースすらないために、2時間ずつ交代で睡眠をとっていたとか。 ★清水 小さな子供を優先的に寝かせていました。 不衛生な環境でみな皮膚病にかかっていたそうで、同房には出産した直後に赤ちゃんを取り上げられて収容された女性や、7人の子供を置き去りに連行された女性がいたそうです。 彼女は外国籍だったため、領事館の働きかけで外に出られました。 ところが、カザフスタンで危険な目に遭ってトルコに亡命。 さらにトルコも危なくなって、今はフランスに住んでいます。 ★櫻井 セイラグリ・サウトバイさんもカザフスタン人です。 収容所では 「習近平が大好き!」 と唱和させられたそうですね。 ★清水 サウトバイさんは英BBCの番組にも証言者として登場されています。 彼女は収容所でウイグル人に中国語を教える先生として連行されました。 契約書には 「命令を遂行しなかった場合は死刑」 と書いてあったといいます。 彼女は自宅に戻った後、 「今度は教師ではなく思想改造のため3年間収容する」 と言われた。 座して死を待つくらいなら僅かなチャンスに賭けようと命からがら脱出を試み、現在はスウェーデンにお住まいです。 ■「いつか日本もこうなる」 ★櫻井 『命がけの証言』発売から3カ月、読者からはどんな反応が寄せられていますか。 ★清水 小さなお子さんを持つお母さんから反響が大きく、 「いつか日本もこうなるかもしれない」 という危機感を持ってくれました。 他にも10冊購入して知人に配ったり、2冊買って1冊を図書館に寄贈してくれる方もいます。 ★櫻井 できるだけ多くの方に読んでもらうためには。図書館への寄贈1も1つの手ですね。 書き手として本音を言えば、書店で購入してほしいですけど(笑)。 ある会合で隣同士になった女性と話をすることがありました。 素敵な着物に身を包んだその方は、誰もが知る老舗企業のオーナーの奥さんだと分かった。 そんな彼女が、 「櫻井さんの本が読みたいけど、なかなか手に入らないんですよ」 と。 「私の新刊なら、たいていの書店に置いてあるはずだけど・・・」 と思いながら聞いていると、図書館の話でした。 ★清水 お財布に余裕のある方には書店で買ってほしいところです(笑)。 ★櫻井 単行本は1冊1500円くらい。 余裕のある方には、ぜひ清水さんの本を100冊くらいまとめ買いして周りに配っていただきたいですね(笑)。 ★清水 まずは公明党の方々に読んでもらいましょう!

0

●命がけの証言① 2021年1月30日 ■神様が描けと言ってくれたのです。 ★楊海英 今までの著作活動に対して、中国政府から何か圧力などはありましたか? ★清水ともみ やはり、本書にも収録しているウイグルの民族浄化の現状を描いた最初の作品 『その國の名を誰も言わない』(2019年) を描いてネット上に公開した後、誰がやったのかは分かりませんが、何日か続けて深夜3時頃、自宅のインターフォンが鳴り続けたことがありました。 ★楊海英 気味が悪いですね。 ★清水ともみ 中国関係のジャーナリストにその話をしたら、 「それは第1段階の警告だね」 と言われました。 それ以外にも、取材と称しながら、私の身辺調査をしている節があります。 ★楊海英 中国メディアの取材ですか。 ★清水ともみ 日本のメディアの者だと名乗っていましたが、本当かどうか分かりません。 直接取材を受けた際、私の職歴や家族構成、さらに子供の年齢まで聞かれました。 ところが、その後、音沙汰は一切ありません。 記事になった気配もないのです。 不安になって知り合いのメディア関係者に尋ねると、普通の取材でプライベートなことを、そこまで立ち入って聞くことはあり得ないと言っていました。 ★楊海英 中国共産党の魔手が、海を越え、描き手である自分の所にまで及ぶとは想像できなかったでしょう。 ★清水ともみ ある程度は覚悟をしていました。 中国の悪い噂は耳にしていましたから。 それでも、普通の人と政治に詳しい人との間での中国における民族問題の認識が全く違っていて、私の周りの友人はウイグル問題なんて全く知りません。 それこそが本当に怖い。 これは日本の将来につながる話ですから。 ★楊海英 それで勇気を出して描かれたのですね。 ★清水ともみ 正直、 『その國の名を誰も言わない』 を描いた時は、匿名で出そうと思っていました。 家族に迷惑がかかるかもしれないから。 ★楊海英 中国はやり方が汚く、本書でも描かれていますが、留学生などによる中国共産党への批判を封じ込めるために、ウイグルにいる家族をすぐ人質に取ったりします。 日本ウイグル協会理事のハリマトローズ氏も兄上を人質に取られていると訴えています。 ★清水ともみ そうですね。 中国からの圧力だけでなく、私自身はウイグル人の知り合いもいなかったため、ウイグルのことをきちんと描ける自信もなかったので本当に悩みました。 ただ以前、 『関口知宏の中国鉄道大紀行~最長片道ルート36,000kmをゆく~』 という旅番組を見ていて、ウイグルのカシュガル地区の回がとても印象に残ったことがあるんです。 というのも、カシュガルの一面の綿畑で農家の方がとても暗い表情で綿を摘んでいたのが印象に残ったんです。 話しかけてもあまり答えない。 普通、こういう現地取材をする時、笑顔を浮かべながら農作業をしているシーンが出ますよね。 当時は、なぜそんなに暗い表情なのかなと疑問に思っていましたが、それから10年経ってウイグルの現状を知り、あの暗さの理由が分かりました。 あのシーンをもう1度見れば描けるかもしれないと思い、インターネットで、その動画を探したのですが、どこにも動画が見つからず、DVDも非常に高価だったので迷いました。 そんなある日の朝、テレビをつけたら偶然、再放送していたんですよ。 その時に、全身に鳥肌が立って、これは描かなければいけない、天命、神様からのメッセージなのかと思いました。 ★楊海英 それは凄い話だ。 関口知宏さんのお父さんは、関口宏さん。 某テレビ局の朝の番組の司会者ですが、とてもリベラルな方として著名ですね。 その息子さんの番組が清水さんを動かして、こんな中国共産党批判の本を描かせたとは・・・。 歴史の皮肉ですかね(笑)。 ★清水ともみ ですから、描く以上は匿名ではなく、責任のある名前でなければ意味がない。 そう思い、20年前にプロの漫画家としてデビューした時に使った 「清水ともみ」 の名で描かせて頂きました。

0

●命がけの証言② 2021年1月30日 ■文化的な脅迫・ジェノサイドで骨抜きにされるウイグル ★清水ともみ 楊先生はウイグルなどの現地調査にも行かれていますが、状況はどうですか? ★楊海英 悪化する一方です。 1991年から毎年、新疆ウイグル自治区で遊牧民カザフの調査を始めました。 日本からの調査隊を受け入れたのは、中国科学院新疆分院という、新疆”学術会議”みたいな組織です。 まあ、中国の 「日本学術会議」 のようなものと思えばいいですね。 日本学術会議は日本政府の方針にしばしば逆らいますが、こちらは中共政府の言いなりです(笑)。 国の機関で、そこに所属しているから一流の研究者たちばかりですが、ウイグル人を物凄くバカにし、悪口はもちろん、酒に酔った勢いで殴る蹴るなど、ウイグル人を動物以下に見ていました。 余りにも酷いので、腹が立って、私がそんな差別的な発言をするなと注意をしたら、殴り合いのケンカに発展し、警察沙汰になったこともあります(苦笑)。 その後も新疆には何度も調査に行きましたが、2013年3月にカシュガルに行った時は最悪でした。 街中至る所に金属探知機が設置されていて、銃火器を持っていないか検査を受けるためにウイグル人が長蛇の列を作っていました。 ホテルのロビーには 「祈り禁止」 「ウイグル語禁止」 の文言があちこちに貼られていました。 もちろん検査対象はウイグル人だけで、我々外国人はフリーパスです。 食事をしようと村に入ると、パトカーが村を包囲し、ウイグル人を捕まえていた。 食堂の人に 「あれは、何してるの?」 と聞いたら、 「いや、また誰かを逮捕しにきたんだよ」 と。 清水さんが本書で描いている通りのことが日常茶飯事で発生していました。 今もっと酷い状況になっているのでしょう。 ★清水ともみ 確かに漢人(中国人)たちがウイグル人を人間扱いしていないと聞きます。 自治区の幹部が 「あいつらは人間じゃないから何してもいい」 と言ったそうです。 ウイグルの方によると、ウイグル人が歌と踊りが好きな民族であることを利用しているそうです。 朝、農村中で音楽を流し、踊りに行くようにと指令が出て、毎日夕方くらいまで踊らされる。 当然、農家は農作物が作れなくなり、収入がなくなる。 そのタイミングを見計らって政府が僅かな補助金を出し、それを生活の唯一の頼りにさせるわけです。 ★楊海英 中国はウイグル人を歌と踊りしか能がない民族だと思っている。 歌や踊りは自発的にするものです。 朝寝ている時に大音量の放送で起こされ、無理矢理踊らされる。 これは一種の文化的な脅迫・ジェノサイドです。 ★清水ともみ ウイグル人はとても穏やかな文化と生活習慣があります。 中国のやり方はそれを踏みにじる行為です。 ★楊海英 1つ言っておくと、中国人は歌と踊りが物凄く下手クソなんですよ(笑)。 ■中国はヒトラー同様の酷いことをしている ★清水ともみ 中国が新疆ウイグル自治区にこだわるのはなぜですか? ★楊海英 理由は2つあります。 1つは、漢民族が他の地域を取りたいという侵略意識。 もう1つは、新疆の生活レベルが中国内地より遙かに高いこと。 新疆の農耕技術は中国の技術とは比べ物にならないほど高いので豊かでした。 1949年に、この地には28万人だった漢族が、今は1000万人を越えている理由も、ウイグルの農作物によるころが大きい。 それが目当てに移住してきた。 さらに、新疆のタクラマカン砂漠から石油と天然ガスが見つかり、その資源も中国経済に欠かせない。 海底資源が豊富だと分かった途端に尖閣諸島を横取りしようとしているのと同じ構図。 ウイグルはもう完全に支配下に置いたから、もう手放せなくなっています。 ★清水ともみ 中国は新疆ウイグル自治区で成功したことを周辺地域にも広げているようですね。 ★楊海英 ええ、今度は私の故郷である南モンゴル(内モンゴル)が狙われ被害にあっています。 2020年9月から中国政府は内モンゴル自治区で標準中国語(漢語)の教育強化を始めました。 事実上のモンゴル語廃止です。 これを受けフフホトなどで保護者や生徒らの抗議活動が発生し、約1万人が拘束されました。 内モンゴル出身で、大相撲の荒潮親方も 「母語が失われる」 と訴えています。 モンゴル語の本がゴミ置き場に捨てられている映像などもある。 中国は最後の内モンゴル的要素であるモンゴル語を完全に消し去ろうとしているわけです。 新疆で2017年にウイグル語教育を事実上禁止にした時もそうですが、中国はやり方が汚い。 公文書で禁止にすると国連の憲章違反になるので、直接、学校側に圧力をかけ中国語教育を強制しています。 ★清水ともみ モンゴル語だけでなく歴史捏造も酷いものがありますね。 フランスの博物館が企画した 「チンギスハーン展」 が2020年秋に中国の圧力で中止になりました。 中国政府から 「チンギスハーン」 「帝国」 「モンゴル」 といった言葉を展覧会から削除するよう、博物館へ中国政府直々の圧力があったと言われています。 ★楊海英 チンギスハーンはモンゴル民族の英雄なのに、中国政府は 「中華の英雄チンギスハーン」 にしろと要求したのです。 また、一部のモンゴルの歴代教科書ではチンギスハーンが削除され、代わりに毛沢東が載っている。 これまた、文化的ジェノサイドです。 ★清水ともみ 中国共産党の民族浄化の意図は何ですか? ★楊海英 同化ですね。 漢民族は他の民族に対しての不信感がとても強い。 同化して同じ民族にしてしまえということです。 今に始まったことではありません。 新疆では1949年、毛沢東の側近、王震が軍隊を引き連れ、カザフ人とウイグル人を片っ端から虐殺しました。 どれほどの人数を殺したのかデータもないほどですよ。 その後、彼の軍隊が新疆のオアシスを占領して、それまで住んでいたウイグル人はそこから追われる羽目になりました。 何度でも言いますが、毛沢東などのやったことは、ナチス・ヒトラーのやったユダヤ人狩り、ユダヤ人虐殺に匹敵する野蛮行為です。 ★清水ともみ そうやって、どんどん他人の土地を侵食していくのが中国の伝統・お家芸。 そのやり方があまりにも世に知られていない。 教わりませんし。 隠されているとさえ思います。

0

●命がけの証言③ 2021年1月30日 ■日本人が、中国に「恩」や「負い目」を感じる必要はない ★楊海英 2009年のウルムチ蜂起 (広東省の工場に勤務していた多数のウイグル人が中国人によって殺傷された事件の裁判で、襲撃側の刑事処分が曖昧にされたことからウイグル人の不満が高まり発生) の時、中国人の間で 「俺ら人数多いから怖くないよ」 というスローガンが流行りました。 実は、中国人はウイグル人やモンゴル人をとても怖がっています。 だから必ず複数人で固まって行動する。 彼らには 「共存」 という発想がなく、必ず自分たちが数で上回ろうとする。 移住した先々で中国人のコミュニティを形成し、共存することなく自分たちの一族を増やして数で圧倒してしまう。 ★清水ともみ 恐れているからこその行動なのですね。 日本の地方の過疎地域では中国人の帰化がとても増えているようです。 それもウイグルや内モンゴルでやっている侵略と同じですよね。 いずれ過疎地域で中国人の数が日本人を逆転してしまうのでは。 ★楊海英 十分あり得ます。 以前、私が司会を担当した 「世界婦人会議」 が静岡県で開催された時、長野県や新潟県から多くの女性が来ましたが、彼女たちの日本語を聞くと中国語訛りが入っていた。 地方には中国人が多く入り込んでいることが分かります。 ★清水ともみ 日本に住む中国人を増やすことで”目に見えない侵略”を行っている。 大学でも毎年数え切れない留学生が徒党を組みリーダーは間違いなく中国大使館と繋がりがある。 とある大学の先生が 「コロナウイルス」 のことを 「武漢肺炎」 と発言しました。 それを聞きつけた中国人留学生が大使館と連絡を取りながら大人数で先生に謝罪を要求し大学に辞めさせるよう要求しました。 講師を追い詰めさせ辞めさせた。 その講師は背後に大使館の指令があったことを知らないと思いますが。 ★楊海英 日本人はすぐに謝ってしまう傾向があるのでそこを逆手に取って追い打ちをかけてくる。 ★清水ともみ 謝罪した大学では中国批判がタブーとなり自粛してしまいます。 ”武漢肺炎”と言って何が悪いのでしょうか。 ★楊海英 トランプ大統領(当時)は 「チャイニーズウイルス」 と言っていますから。 日本は中国に忖度し過ぎです。 以前静岡県立大学にウイグル人女性の留学生がいました。 ある日彼女が突然私の所に泣きながらやって来た。 話を聞くと中国人留学生に虐められたとのこと。 私は何とか対応しましたがゼミなどで中国人留学生に虐められても普通の教授は知らん顔です。 結局彼女は静岡県立大学にいられなくなりカナダに亡命しました。 ★清水ともみ 見て見ぬふりですか。 日教組の影響かもしれませんが学校の社会科の先生はどの先生もかなり親中派のようです。 生徒が貧困問題をテーマに取り上げたらコメントをくれなかったり 「トランプよりバイデンさんの方がいい」 などという発言があったりするようです。 多くの小学校や中学校を中国人が文化交流として訪問していますし中国人が作った小物や名前の書かれたハンカチを毎年子供が持って帰ってきます。 日本人の性格からすると中国人が1人でも教室やオフィスにいたら中国批判なんて絶対にできません。 そういう空気を作り上げようとメディアや教育現場で進めているのですはないでしょうか。 ★楊海英 日本人は中国人を 「同文同種」 だと思っているところがある。 中国は漢字を教えてくれた国だから恩人の国。 戦前、シナ事変などで中国には悪いことをしたから中国の悪口を言ってはならない。 中国に対して反省しようなどという 「洗脳」 が戦後ずっと行われてきました。 これらは全て中国共産党の宣伝工作(プロパガンダ)です。 例えばウイグル人はイスラム教でアラビア文字を使っていますがアラブの国を恩人だとは別に思っていない。 ★清水ともみ 真実を伝えないメディアや嘘の戦後教育によって美しい”中国ロマン”が出来上がってしまいましたから。 ★楊海英 1980年代に、NHKで放送された 「シルクロードー絲綢之路(しちゅうのみち)ー」 や 「大黄河」 をきっかけに日本で 「シルクロードブーム」 が起こりました。 そもそもシルクロードは中国のものではない。 西アジア、中央アジア、地中海沿岸地方を貫く道ですから。 ★清水ともみ パンダもそうです。 上野動物園のパンダが貸借の期限切れで中国に返還されることが話題になっていますがパンダ=中国というイメージは中国のプロパガンダ。 本当は、パンダはチベット東部が古里です。 「パンダ=チベット」 というキャンペーンを上野動物園から始めましょう。 ★楊海英 ”日中友好”なんて作られた中国イメージです。 幻想でしかない。 この際正しい中国観を整理する必要がありますね。 ●<スクープ>武漢ウイルス発生から1年 本誌編集部① 中国の「隠蔽」指示全文 「財新」恫喝文も入手 月刊誌『正論』2021年2月号 ■資料1 国家衛生健康委員会弁公庁 国家衛生弁公庁科教書簡[2020] 国家衛生健康委員会弁公庁 重大突発伝染病防疫制御工作における生物サンプル資源及び関連する科学研究活動の管理工作強化に関する通知 各省、自治区、直轄市及び新疆生産建設兵団衛生健康委員会、各人人感染病原微生物高等級生物安全実験室: 伝染病疫情の防疫とコントロールを強化するため、 <中華人民共和国伝染病防止治療法> <病原微生物実験室生物安全管理条例> 等の法律法規に基づき、重大突発伝染病の防腔工作期間において、関連する病例生物サンプル資源の採集、運輸、使用及び科学研究活動の管理工作についての要求は以下の通り。 1.本通知中の生物サンプル資源とは、病人、疑似(症例の)病人、その濃厚接触者の血液、血清、喉を拭ったもの、痰、気管から吸い取った液体、気管を洗った液体、尿液、糞便、及び死亡患者の死体組織、臓器等のサンプルを指す。 関係する機構とは、各級疾病予防制御機構、医療機構、関連する科学研究機構、第三者検査検測機構、並びに生体サンプルを用いて業務を行う機関を指す。 2.関係する機構とは、生物安全上の要求を満たす前提の下、診療疾病の検査業務の規範に従って生物サンプルを採取し、来歴、種類、数量、登記番号を正確に記録し、指定の専門人員及び機構に保存する。 秘密並びに個人のプライバシーに関わる場合は、一層秘密保全意識を高め、関連規定に依拠し秘密保全措置を採らなくてはならない。 3.最近の武漢肺炎の病例のサンプルについては、現在掌握されている病原学上の特徴、伝播の特性、致病性、臨床資料等の情報に依拠して、病原の情報が今一歩明らかになる前は、暫定的に高度な致病性病原微生物[第2類]に照らして管理を行う。 関連するサンプルの輸送は <人類に感染する可能性がある高度致病性病原微生物菌毒種あるいはサンプルの輸送管理規定>(衛生部令第45号) の要求に基づき、病原に関する実験活動は相応の防護ランクの生物安全実験室において行う。 4.関連機構は省級以上の衛生健康行政部門の要求に照らして、生物サンプルについて病原学的検査を行い、指定の病原検査機構に提出する手続きを行う。 5.省級以上の衛生健康行政部門の委託を受けて病原学検査を行う機構は、生物サンプルを適切に使用し保管しなくてはならない。 また規定に照らして処理した後の余剰のサンプルについては、批准を得ずにいかなる他の機構や個人にも、そのサンプル、病原体、培養物、関係する情報を提供してはならない。 6.この通知が発出される以前に、既に関連する医療衛生機構で関連する病例の生物サンプルを取得している機構及び個人は、そのサンプルを直ちに隠蔽、或いは国家が指定する機構に送って保存保管し、関連する実験活動や実験結果を適切に保存する。 7.疫情防腔工作期間において、各類機構における病原学検査の任務から生じた情報は特殊公共資源に属し、いかなる機構も個人も、病原学検査あるいは実験活動の結果等の情報を勝手に対外公表してはならない。 関連する論文、成果発表等は、委託部門の審査と同意を得なくてはならない。 8.各関連機構の工作従事者は広く真理を追究し、治療学の真実を求める精神を遵守し、学術的建設を行い、重大伝染病、原因不明の疾病等の研究においては、公共衛生意識を樹立し、法律のレッドライン、科学研究のボトムラインを厳守しなくてはならない。 関連機構は伝染病、生物安全の領域に関する研究論文、成果について審査を行なわなくてはならない。 科学的な実験検証と審査を得ずに、社会に対して公開してはならない。 9.各級衛生健康行政部門は、指導者の指導に基づいて、属地化と分級分類の原則に従って実験室における生物安全監督業務を行い、業務の職責、能力強化、日常的な監督を行う。 安全防疫の規範、重大生物安全のリスクを努力して回避し、実験室における生物安全に万全を期して1つの過失もないようにする。 10.当委員会は法に基づく検査を強化する。 法規に違反して生物サンプルを利用したり、要求に基づく検査結果を報告したりしない。 疫情に関する情報を勝手に配布した機関や個人は、法に基づいて厳粛に処理する。 国家衛生健康委員会弁公庁 2020年1月3日 (情報公開形式:公開しない) 写し送付先:教育部、科技部、税関総署、中国科学院弁公庁。 国家衛生健康委員会弁公庁 2020年1月3日印刷発行 ちなみにウイルスの 「武漢起源」 をどうしても否定したい中国だが2020年1月3日の通知には 「武漢肺炎」 と明記されていることを押さえておきたい。