振幅変調(AM)の出力波形ですが、いろんなところで、例えば: http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H21/html/H2104A13_.html で図示されてます。

補足

同じ様に近接した3つの同レベルの高周波信号を3台の信号発生器で重畳したモノの波形をオシロで測定した時には、どの様になるか? が非常に興味があります。  周波数が近接してるので単に一本線で波形を描くのか、さらにいわゆるAM変調波と同じか、です。

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 でもナンでオシロで見えないの?です。搬送波は見えます。その搬送波と僅かしか違わない側帯波は、再度ですがあるのになんで、です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

結局お二人さんが言う様にオシロ画面の画像は、3つのスペクトラムの数式で表される合成波をトリガー(或いは同期)に応じて複数個、時間ドメインで表されるモノだ、という当たり前ですね。  と言うのは理屈では分かる。でもなぁ、ヤッパリ、素朴に(感覚的に?)どれがどれだ?と思ってしまいます。サイン波のあのカーブのトレースは・・・・ホントにナニ、です。  質疑をしていただきましたのでBAとしました。

お礼日時:5/6 20:13

その他の回答(2件)

1

オシロではAM変調におけるcos(ωc+ωs)とcos(ωc-ωs)を別々に表示できない(常に合成された結果が表示される)のがそうなる理由。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%AF%E5%B9%85%E5%A4%89%E8%AA%BF オシロでcos(ωc+ωs)かcos(ωc-ωs)のどちらかを直接観測したければ、キャリアも含めてcos(ωc+ωs)かcos(ωc-ωs)のどちらか観測したい方以外の情報は取り除かなければならない(つまりSSBならオシロで貴方の望むような情報を観測できる)。 https://www.uja.jp/2012/11/ssb.html

1人がナイス!しています

0

Q 見えないのはナンで、です。 A オシロを使っているからだと思います。

回答ありがとうございます。  オシロを使っているとナンデ、です。 搬送波は見えるのに何で見えないの・・・です・・・