回答受付が終了しました

東京に行ったら、「原付き通行不可」という看板がありました。原付き二種は、通行できるのでしょうか?

運転免許 | バイク93閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

回答(10件)

0

標識は道路交通法での車両区分になっています。 ここでの原付とは50cc以下の原付を指します。 原付二種 51cc〜125cc 軽二輪 126cc〜250cc 小型二輪 251cc以上 上記は二輪車と表記されます。

1

通行できません。 道路標識にある2輪の区分は以下で、 道路車両運行法で決まっています。 ①第1種原付(排気量50cc以内) ②第2種原付(排気量50cc超~125cc以内) ③軽自動車(排気量125cc超~250cc以内) ④小型自動車(排気量250cc超~) 高速道路や一部の立体交差など「自動車専用道」に 該当する道路に関しては、自動車として分類される③④の バイクだけが通行可能であり、①原付1種、②原付2種は 通行は不可能となります。 一方運転免許の区分というものは、道路交通法で 決まっているもので、以下となります。 ①原付免許(排気量50cc以内) ②普通2輪小型限定免許(排気量125cc以内) ③普通2輪免許(排気量400cc以内) ④大型2輪免許(排気量無制限) なので、50cc超~125cc以内の通称小型2輪は、 ・車輛運送法上は原付と同じ扱い ・道交法の免許制度上は普通2輪の一部 というややこしいことになっています。 ですが道路標識にある原付というのは、 あくまでも車両運送法上の区分ですから、 原付走行不可という表示の場合、 125cc以下のバイクは通行不可ということになります。

1人がナイス!しています

1

道路交通法に原付二種というものはありません。 道路交通法に定められた「原付き」とは50cc以下の車両です。 原付二種なんて記憶から抹消しても問題無いくらい一般人には不要な単語です

1人がナイス!しています

0

標識は警察管轄の道交法 車両区分はナンバー登録の国交省管轄の道路運送車両法 道交法に原付二種はありません。 小型自動二輪になります。 原付二種は登録の区分だけです。