ID非公開

2021/5/5 9:09

1616回答

長年乗った愛車を、車検を切って長期保管しようと思います。

ベストアンサー

0

その他の回答(15件)

1

整備業者なので長期保管車の復活をやることがあります 2年程度で室内保管なら、バッテリー交換だけで普通に走れるようになります、タイヤもエアを入れるだけです 一ヶ月に一回も乗らなくて良いと思いますけど エンジン掛けるだけで、ガレージから少し出して車を前後させて 公道にまで出さなくても、その場で前後させて、ハンドルも左右切ったり それだけで良いです そして2年に一編くらい、整備工場へ持ち込んで、ガソリンの入れ替えと、各部点検油脂の交換すれば良いと思います だから、仮ナンバーはその時だけ 可能なら、パンタグラフのジャッキをどっかから買ってきて、車体を持ち上げてサスペンションやタイヤの負担を減らすと良い、タイヤは浮かせなくていい、馬掛けるのが本当はいいけど 湿気が少ない環境なら、ガソリンは極力少なくして、2年位で入れ替え バッテリーは割り切って毎年交換しましょう 自賠責を1年掛けると思えば、バッテリー買えます

1人がナイス!しています

0

長期冬眠前の実施項目。 車検整備と同じで大丈夫だよ。 冬眠直前に、新品ゴム部品を大量交換すれば、普通に走る。 燃料ポンプ 4極ステッピングモーター 発電機 などの性能点検などをテスター計測が必要。 数ヶ月前に、25年間冬眠させた車両を、生き返らせるのに6ヶ月必要だったけどね。 新車買った方が安いな。

0

近所に、新しい車ですが、何年も放置されている車がありますが、タイヤがつぶれていました。定期的に、動かさないと、タイヤがダメになると思いました。

0

シャッターつきのガレージであれば、車両の機械部分のいたみは少ないとは思います。 あえてあげるならば、以下のとおり。 ○その使用方法の場合、ガスは、満タン保管が基本です。理由はガスタンク内に、空気が多いと、内部結露の可能性があるからです。 ○湿気がこもると抜けにくいので、雨が数日続いたあとには、ガレージを開放して通気すると良いです。 ○直射日光によるエラストマー(ゴム類)の劣化、塗装の紫外線退色などはありますので、窓際に置かないか、ないしは、日光を遮れる毛布などをかけると良いです。 臨時運行許可証の申請については、以下のものを用意して、在住している自治体の役所に申請します。 ○自賠責保険(ディーラー、ガススタンドなどで加入可能)証書 1ヶ月から加入できますが、期間が長いほうがお得です。 ○車検証ないしは、登録事項証明書(又は一時抹消登録証) ○臨時運行許可証申請書(市役所など、申請する場所にあります) ○印鑑(三文判でOK) ○現金750円 自治体の規約と、申請目的によって、3日から1週間程度の運行許可がおります。自治体にとっては、陸運事務所の代行業務ですので、内容の精査はありません。 申請目的は、「車検取得のため」が一般的ですが、「売却のため」 「保管場所移動のため」「車検整備のため」なども可です。 でたらめなことは書くべきではありませんが、仮に将来的に車検を再取得する可能性があり、そのための定期、不定期の整備を行うために、試走や整備を行う必要性があれば、申請取得は可能ということになります。 判断は、代行機関となる自治体の事務員にゆだねられることになりますので、 変な担当に当たると、わけの分からない持論を展開されるケースもあります。 ごくまれではありますが・・・ その場合は、電話で事務員の上長を呼び出し、「所定の手続きと目的をもって申請しているのにも関わらず、許可が降りないようなので、おろさない理由を、書面で回答して欲しい。これから、質問書を提出又は送付するので、必ず書面で回答して欲しい。」と言えば、ちゃんと許可がおります。 法規は、その意味するところを明文化してありますので、本来何を言いたいかと、組織の内部事情を、ちゃんと理解して運用すれば問題はありません。 それと・・・まあ、申請者の人なり、熱意でしょうね。 法を理解したうえで、熱意で訴えれば、決してむげにはされませんし、 おかしなことにもならないですよ。 当方も、10台自家用車を保有しています。 全部乗れない上に、希少車はあまり表に出せないので、 仮ナンバー運用することがあります。 参考まで。

0

ジャッキアップしてウマ噛ませて 駆動系だけ空回しさせればいいんじゃ 長期保管きをつけないいけないこと 湿気、錆びる。