壁掛けテレビをすっきり設置するための質問です。

ベストアンサー

0

壁掛けテレビでも電源は必要なので結局はテレビの裏壁にコンセントが必要です、ということはこのコンセントにアンテナ線やLANも設置が可能なので無線やFireTVstickに拘る必要は無いわけです。 更に言えばこのコンセントにHDMIを引き込めば離れた場所にレコーダー等の設置も可能になりますね。

その他の回答(4件)

0

テレビ裏でもいいから、壁に隠し棚を作って、電源用コンセントと外付けHDD、光回線のモデム(WiFiルーター)や光テレビ用チューナーの置き場所を確保しておいた方がいいと思います。 光工事は引き渡し後だと時間がかかってすぐに使えず不便です。設計・工事の段階で、どこから室内に引き入れるか、モデムやチューナーの設置場所はどこにするかを計画しておかないと、引渡し後にあとから追加工事するのは難しくなります。

1

普通は弱電盤(情報分電盤)までの光配線工事と、屋内のLAN配線工事は家の新築工事と一緒に依頼するものだと思いますけどね。そうしないとせっかくの新築の家の壁にあらたに穴を空けなければならなくなったりして、雨漏りの心配をしなければならなくなったり、建築した業者に依頼しない場合は家の保証にも悪影響する場合があります。それとキャリアとの契約は別問題なので自分で契約することになります。 屋内はWi-Fiを使うのでLAN配線は不要と思っても、1階2階では電波の通りが悪くなるので念のために各部屋までのLAN配線はしておいた方が良いと思います。 テレビに機能が無いのでAmazonプライムのスティックを使用するという事でしょうか。スティックはテレビに直結する方法と壁の中に収納してHDMI壁プレートなどでテレビと接続する方法があります。 テレビ側にスティックを取り付ける場合はUSB電源線も必要になります。AmazonスティックのUSB電源はテレビのUSBコネクタを使った場合容量不足でトラブルになる場合がありますのでおすすめしません。壁の裏側に電源コネクターを取り付けた場合は、USB電源用のコネクタを取り付けるとテレビが浮いてしまう場合があるので注意が必要です。アームの先にテレビを取り付けるという場合は余裕があるので問題ありませんが。 Wi-Fiの場合はWi-Fiが届く距離にWi-Fi用のアクセスポイントが必要になります。弱電盤から直接拾えるなら問題ありませんが、距離がある場合は、テレビの近くまでLAN配線をしてその先にアクセスポイントを設置しなければならなくなります。 そうする場合は、外付けハードディスクやアクセスポイントを設置するあたりに電源コンセントと同時にLAN用のモジュラージャックも必要になります。 でもせっかくの壁掛けテレビなのに外付けハードディスクからの配線や、電源線などがうじゃうじゃしてしまい、壁掛けテレビの魅力である配線がすっきり見えないという効果がなくなってしまいますので、しっかりと計画しておいた方が良いかと思います。それによって壁内部の配線も大分違ってきます。

1人がナイス!しています