「《ALPS処理水と、通常の原発排水は、まったく違うもの》です。

原子力 | 原子力災害28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:5/14 8:49

その他の回答(7件)

0

献血でガン細胞に触れた血液を集めても安全なのか?と同じです。健康な人でも少しはガンがありますが、献血し輸血に使われます

1

明らかに、山本拓衆議院議員の解説は真っ当で、国民に知らせよと警鐘を鳴らしている様です。 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/287910 (日刊ゲンダイ 原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘p1) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/287910/2 (同p2) 山本拓衆議院議員は自民党の原発推進派で、自民党の「処理水等政策勉強会」の代表世話人も務めていて、原発推進派にとって『不都合な事実』であっても、国民に知らせるべきと発言しています。 従って、『被覆に覆われた燃料棒を通ってくる処理水と、むき出しの燃料棒を通ってくる処理水は違う』との山本拓衆議院議員の解説は、剥き出しの燃料棒に触れ続けて生成される汚染水とは、明確に違うと納得いく解説と思います。

1人がナイス!しています

0

素人で原子力のことはよくわかりませんが、正しいと思います。 事故を起こしていない原発には、含まれていない核種が含まれているのですから、同じではありません。 何のために被覆しているのといえば、放射線が漏れないためですよね。 被覆がなければ放射線もたくさん飛び散るし、 汚染水に含まれる量も増えると思います。 あくまでも素人の意見なので、間違っていたらごめんなさい。

0

ALPSで100%の放射性物質を除去出来ないですから、 >被覆に覆われた燃料棒を通ってくる処理水と、むき出しの燃料棒を通ってくる処理水は違う、 というのは正解ですが、処理をパスしいてるトリチウムも大変危険ですので、 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14242782699 を見てください。

2

まちがっています。処理して基準値以下にすることが決まっているからです。 原子力関係の施設にはいろいろな種類がありいろいろな排水があります。それを知らない国会議員もいるのが現実です。

2人がナイス!しています