後輩に抜かされて、合奏メンバーからも外されて、本当に辛いです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 絶対、後輩を追い抜かせるように努力します!

お礼日時:5/16 10:04

その他の回答(3件)

0

吹奏楽やってたら普通に起こり得ることなのでいちいち気に病むことでもないでしょう。 >出来ないときはピッチすらろくに合いません。 その学校で行われている指導ではカバーできなかったようなので、もう外部に対応方法を求めたほうがいいかもしれません。(つまり個人レッスン) 3年だからといってお情けで席をもらってもうれしくはないでしょう。質問者さんよりうまい後輩がいるのに、その後輩が出られないほうが不平等ってものです。(実力に応じて等しく機会を得るのが平等) とはいえ、まだ席は確定していないようですので質問者さんにも機会が残されているようです。その短期間で成果をあげる最適かつ確実な対応としては、個人レッスンに付くほかないでしょう。いまから練習方法などを模索していてはとても間に合いません。 レッスンに付く先生にも事情を話して、最短で弱点を修正し、良いところを認識できるレッスンをしてもらう必要もあるでしょう。それでもダメな時はダメです。成果が出るのに時間がかかるかもしれません。しかし、確実に今後の糧になると思います。

2

とりあえず死ぬのは辞めましょう。楽器なんて死んでまでやるようなもんじゃない。 3年生なのにコンクールに出れないというのは確かに辛い。厳しい部活なんですね。 吹奏楽は参加できる人数が多いので、多くの部活では3年生は全員コンクールに出場出来ます。ですがそれは勿論、そうしないと人が足りないからです。 多くの運動部はレギュラーが10人前後かそれ以下ですので、最後まで試合に出れないのは「普通のこと」です。 楽器が書かれていない以上は専門的な回答は付かないでしょうし、たとえ書いたとしても楽器面でのあなたの悩みを知恵袋で解決するのは難しそうです。 プロに習えば恐らくそう難しくなく解決するとは思いますが、それをしたところで最後の夏はもう出れないんだし。。。 部活を辞めても良いと思いますけどね。少なくとも死ぬより余程マシな決定ですよ。死ぬくらいなら退部しましょう、それで全て済みます。 楽器を楽しめる所は、あなたが今所属している部活動だけではありません。高校にも吹奏楽はあるかもしれませんし、市民吹奏楽団もあります。音楽教室もあります。 『たまたま』上手い後輩を抱えてしまった災難はどうしようもありません。これも吹奏楽に限らず、部活動ではよくある話です。 だったら、無理にそこに所属しなくても良いと私は思いますけどね。「退部すべき」ではなく、「退部も含めて、楽器を辞めることも含めて、いくらでもやりようはある」という話をしたいだけです。

2人がナイス!しています

0

プロのレッスン習いに行ったらどうですか