北洋水师的策略是“保船制敌”,但是日本则不同,日本海军在战争之前就制定了以舰队决战夺取制海权的明确计划。

中国語 | 中国史5閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。 非常感谢您

お礼日時:5/9 11:50

その他の回答(1件)

0

北洋水師の戦略は「船を敵にする」という戦略だったが、日本は異なり、日本海軍は戦前に艦隊の決戦で海権を奪取する明確な計画を持っていた。 目標の不一致は、必然的に異なる行動を生成し、最終的な結果は異なります。 1894年9月13日、日本艦隊が仁川に護衛部隊を護衛した作戦が完了すると、連合艦隊と第1ゲリラは、北洋水師団の主力との決戦を捜索するために、ヤル川河口に向けて出発した。 1894年9月16日未明、ティド・ディン・ビンチャンは北洋海軍の「定遠」や「鎮遠」など12隻の主力艦と2隻の「蚊船」を指揮し、4隻の魚雷船が5隻の商船を保護し、大連湾の砲台に駐留する4,000人以上のリウ・シェン休軍を乗じて、中朝国境の大東溝に上陸した。