なぜ、ホンダプリモ店がなくなったのか?

補足

また、日産プリンス店、トヨタトヨペットもなくなるのか?

1人が共感しています

その他の回答(6件)

3

ベルノもクリオもなくなってホンダカーズになっちゃった。

3人がナイス!しています

3

川本社長の時に販売店統合したから。 ちなみに大阪にはプリンス店はないぞ。

3人がナイス!しています

4

きっかけは、1992年の初代オデッセイを発売するときです。 当時、トヨタは マークⅡ、クレスタ、チェイサー、 という兄弟車を別々の販売チャンネルで売っていましたが こういうことが当たり前の時代で、 ホンダもアコード、ビガー、 というように同じことをしていました。 初代オデッセイのときにも、 兄弟車を作ってみて経営陣にお披露目したりもしていたんです。 しかし、当事のホンダ社長だった川本氏は、 どれもパッと見は同じじゃねぇか、 もうこういうの止めようや、 ってことで兄弟車の設定を止めるのと同時に、 めんどくせぇから、と言う理由だけで 販売チャンネルの統合も提議しました。 めんどくせぇ、というのは当時は当たり前にあったことで、 たとえば、アコードをプリモ店に買いに行ってみたら ここじゃない、クリオ店へ行けと言われた、ってことです。 こういうことは、販売機会の損失だと考えたためです。 そこでオデッセイを 全販売チャンネルの、クリオ、ベルノ、プリモの全店で扱うという、 どこのメーカーもやっていないことホンダは始めたんです。 これ以降の、初代ステップワゴン、 SM-X、初代CR-Vなども 次々と全店販売としていき、 それが当たり前になってきたところで 2000年代に入ってから ホンダカーズへ統合した経緯があります。 プリモ店を止めたのはこういう経緯からです。 このホンダのやり方は 全国のディーラーに対して実に民主的で、全国のディーラーに対して受け入れやすい形で ホンダカーズへ移行していきました。 それに対し、 日産はゴーン氏によって、半ば強引にチャンネル統合をさせられており、 トヨタに至っては未だに、チャンネル統合を出来ておりませんが プリウスやアクアは全チャンネル販売になっておりますから、 後は時間の問題でしょうけど トヨタの規模になるといろいろと遅くなるんでしょうね。

4人がナイス!しています

3

昔は社内で競走させて切磋琢磨する販売戦略でしたが、もはやそんなことしてたら共倒れになりテスラとかにやられますから

3人がナイス!しています

3

クリオもベルノもなくなったけど、全部一緒になったのでなかった

3人がナイス!しています