新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/5/8 17:36

4747回答

コロナ対策なんてせず、普通に暮らしている人っていますか?私は対策なんて無意味と思っているし、単なる風邪で何を騒いでいるの?

補足

マスコミに洗脳されていない人達が色々と暴露されているようですね。 ワクチンを接種すると「接種した人が病気をまき散らすようになる」とか、「インドの変位株は捏造!」と現地の人が話していたりとか… こういう事実を目の当たりにしても、洗脳された人々は政府やマスコミ情報を信じてコロナ対策をし、ワクチン接種をするのでしょうか?私には不思議に思えて仕方ありません… https://note.com/nakamuraclinic/n/n1e66fc65de41 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52064434.html

政治、社会問題 | インフルエンザ913閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

17人が共感しています

ベストアンサー

10

10人がナイス!しています

新しい回答者が変異ウイルスで「30代でも重症化」などと書かれてますが、今までのウイルスでも20代の力士が死亡した例はありましたよね。 なので、今までのウイルスでも若者が重症化するケースはあったと思いますが、今までのデータと比較して、そんなに違いがあるのでしょうか? もし、それがウイルス強毒化の証拠だとするなら、40代、50代の死亡率なども、今までのデータより明らかに上がっていなければ強毒化の証拠にはならないと思いますが、本当に、そんなに重症化率や死亡率が上がってるんですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。世の中インチキだらけ、政府もマスコミもやってる事はデタラメ!自分で考えることの出来ない日本人は、マスコミに洗脳され経済破壊のお手伝い!そのツケはやがて自分に回ってくることも知らずに… 1人でも多くの人が目覚めるよう期待したいです。そして、今回のコロナ茶番を利用して大儲けしている人間に罰が下る事を願います。

お礼日時:5/15 19:29

その他の回答(46件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

●休業の要請・命令ができず、同一都道府県内で対象地域とそうでない地域が生じる蔓延防止等重点措置では不十分で、緊急事態宣言が必要だ。 対象地域からそうでない地域に人が移動するのを防ぐためにも、緊急事態宣言の対象地域を全国にして、新規感染者数ゼロが全国で最低1カ月連続で続くまでは緊急事態宣言を解除するな。 1回目の緊急事態宣言よりも内容や対象地域が甘く、3回目の緊急事態宣言の内容では不十分だ。 効果が出なければもっと厳しくするしかない。 現状の対策効果を見極めようとしていると手遅れになる。 酒類の提供や持ち込みを許可している店には、過料だけではなく、営業停止・取消、刑事罰などの対応が必要だ。 路上飲みや公園飲みなどに対しても、過料及び刑事罰などの対応が必要だ。 特別措置法の改正・強化が必要だ。 もはや、ロックダウン(都市封鎖)が必要だ。 違反した場合は、過料及び刑事罰などの対応が必要だ。 感染が終息しない限り本格的な経済回復はない。 ●【主張】コロナ対策 「蔓延防止」全国に適用を 2021.5.15 05:00 https://www.sankei.com/column/news/210515/clm2105150002-n1.html 新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け政府は14日、 「緊急事態宣言」 の対象に北海道、岡山、広島の3道県を加えるとともに、 「蔓延防止等重点措置」 を群馬、石川、熊本の3県に適用することを決定した。 前日の関係閣僚会議で固まっていた岡山など5県を蔓延防止対象に加える方針を変更し、対策を強めたことは妥当である。 ただし、菅義偉内閣のコロナ対応全般に 「慎重で遅い」 傾向があることは、改めて指摘しなければならない。 大型連休明けから、緊急宣言や蔓延防止措置の期間延長、地域拡大が相次ぎ、対象地域は合わせて19都道府県になった。 「第4波」 はすでに全国的なうねりとなり、急激な感染拡大はどこでも起こり得る、と認識しなければならない。 この状況で政府に求められるのは、慎重さではなく変化に相応する機動性である。 都道府県知事からの要請を受けてから、政府が専門家の意見を踏まえて地域ごとに適用の可否を判断するという現行の手続きは、変異株が主流となった第4波の拡大速度に対処できていない。 蔓延防止措置を全国に拡大することを提言する。 要請や検討の手続きを省き、具体的な運用を知事に委ねることで、より早く、地域ごとに細やかな対応を可能にするのである。 一律の対策を行う必要はない。 現時点で感染拡大が深刻化していない地域にとっても、蔓延防止措置の対象になることには大きな意味がある。 感染症の拡大を短期間で抑えるには、初期段階に強い対策を行う必要がある。 緊急宣言や蔓延防止措置はこれまで、初期対応が遅れた地域が対象になっていたが、全国に蔓延防止を適用しておけば、感染拡大の兆候が見えた段階で機敏に手を打つことができる。 政府は、主体的かつ機動的に全国のコロナ対策を支援、推進しなければならない。 全国知事会などは、蔓延防止措置よりも強い 「緊急事態宣言」 の全国拡大を視野に入れるよう要望している。 政府は、経済への影響や私権の制約に関わることを考慮して、慎重に検討する姿勢だ。 一方で、第4波の全国的な拡大を食い止めることは喫緊の課題である。 蔓延防止措置は対象地域を指定できる。 政府が決断すれば、機動的に運用できるはずだ。

3

仲間ですね〜 緊急自体宣言中京都行って来ました 「東京から来ました」って向こうの人に言ったら「そう〜、ここ東京からの人多いのよ〜」そんなもんですよ 新幹線でもマスク付けてませんでしたが、たくさんの目がある中赤の他人にマスク警察出来るような奴がいたらその勇気に免じて付けてやるよ、って思ってますが1年以上1人もいないですよ。ほんとに下らない 消毒しないよりも不特定多数の人間が触ったアルコール容器触るほうが怖いですわ

3人がナイス!しています

1

PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない 単行本(ソフトカバー) – 2020/12/3 大橋 眞 (著) 感染症は実在しない (インターナショナル新書) 新書 – 2020/4/23 岩田 健太郎 『ウイルスは存在しない!』 Virus does not exist. ~感染症の本質をリアルサイエンスで読み解く~ 上巻 単行本 – 2021/2/24 崎谷博征 (著) PCR検査は怪しいものです。 ウイルスの存在を否定する人もいます。

1人がナイス!しています

5

あなた大丈夫?世界のニュース見てる?そんなこと言ってると身近な大事な家族亡くしますよ。

5人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

2

宗教国家ではないけど、天皇=神心国家になっちゃってるから信じやすいのも無理はない。 コロナにかかって重篤になってみろと言う過激な他回答者がいますがなってみたいですね、ナスと椎茸が嫌いなので味覚や嗅覚が無くなれば好き嫌い無くなって助かります。 それと何故陽性者がPCR無料なんでしょうね、陽性=愚か者じゃないのですかね。 陰性=自粛成功者だと思うんですよね。 まぁ陰性だの陽性だのどうでもいいんですけどね。 とりあえずコロナ信者は頑張ってコロナに打ち勝って欲しいですね。

2人がナイス!しています